Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

西赤石山から東赤石山へ

2017年10月10日 | 山歩き

四国の山「赤石山」と「石鎚山」へ出かけました。

10/7(土)長崎→筏津登山口(車中泊)
10/8(日)筏津→(地域コミュニティーバスで移動)→日浦登山口→別子銅山跡→西赤石山→八巻山→東赤石山→筏津登山口→(車で移動)→マイントピア別子(入浴・食事・車中泊)
10/9(月・祭)マイントピア別子→石鎚山土小屋登山口→石鎚山(ピストン)→長崎へ(途中で入浴・食事)

★ログと画像などはこちらにアップしています。
★簡単に動画も作りました。
★石鎚山のレポートはこちらです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長崎から登山口までは高速移動で8時間ほどかかります。
最近は四国の山がお気に入りで、今年は2回目となります。
九州の山にはないスケールの大きさが四国の山の魅力でしょうか。
でかい山、切れ込んだ谷、どこまでも続く稜線。
今度の山旅を終えた後も、「また来よう・・・」そんな気持ちになりました。

赤石山系は初めてです。
せっかくなので、西赤石から東赤石への縦走を計画しました。
途中には、ちょっとスリリングな「ロックガーデン」という所もあるので楽しみです。

下山予定の筏津の駐車場(少し離れた所にトイレはありますが、駐車場は真っ暗)で車中泊をしました。
翌朝、地域コミュニティーバスで日浦登山口へ移動。
筏津からは東赤石山へのピストンと思われる登山者が多いようです。
バスに乗ったのは縦走と思われる登山者が3組5人ほど。
この人たちとは後々いろいろなエピソードがありました。
これほど大きな山に入る(縦走ならなおさら)のに、装備やキャリアなどが(?)と思える登山者がかなりいたように思います。本来なら1泊2日で歩くコースなのだと思いますが、日帰りでトライしていた人たちは2組とも下山してきた様子はありませんでした。恐らく時間切れなどで赤石山荘にお世話になったのではないかと思います。私たちもロックガーデンでルートミスして30分ほど時間をロスしましたが、予定していた下山時間にはなんとか間に合いました。

↓日浦登山口

この地域は別子銅山として栄えた所で、この日登った西赤石山へのコースは別子銅山の歴史を辿る道でもあります。いろいろな史跡が次々に出てくるので、なかなかペースが上がりません。

↓ダイヤモンド水

↓銅山越

↓西赤石山からの展望

↓物住頭(ものずみのあたま)と言うそうです。(ママは「ブツジュウズ」と発音していました)

↓八巻山(ロックガーデン)方面へ

↓(う~~ん、ここは厳しかったなぁ・・・)

↓八巻山に到着

↓東赤石山到着

下山も楽ではありませんでした。

※下山後、マイントピア別子という所でお風呂に入って食事(生ビール付き!)をして車中泊させていただきました。良い施設でしたよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2017.09.30 岩屋山 | トップ | 土小屋から石鎚山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事