Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

雲仙にて、「真面目にやらねば・・・・」 

2017年09月19日 | 山で出会った人

9/18 雲仙に出かけました。

夏の終わりの花たち、色づき始めた気の早い木々の葉、台風一過の晴天を期待して登って来た登山者たち、、、この日もまたいろいろな出会いがありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと横着をして仁田峠からスタートしました。
歩き始めは楽なアザミ谷コースへ足が向いてしまいました。
クガイソウやホタルブクロ、ホトトギス、オオバショウマ(?)など足元にはいろいろな花たちが咲いています。
少し目線を上げれば、色づき始めた葉も目を楽しませてくれます。
なんだか今年の秋は早そうな感じもします。

アザミ谷から紅葉茶屋を経て風穴方面へと進みました。

今日は三連休の最後の一日。
一昨日、昨日と台風で山に登れるような天候ではありませんでしたが、最後のこの日は天候も回復したので登山者も多いだろうと思って雲仙に来ましたが思いのほか登山者は少なく静かな山歩きが楽しめました。

展望所で休憩してからは一気の登りです。

平成新山からはガスが立ち上がっています。

霧氷沢分岐を過ぎ、普賢岳へ到着。

山頂には結構な登山者がいました。

その中の一人の男性から「利尻山に行かれてましたね」と声をかけられ、「えっ?」という顔をすると、「いつもホームページを見てますよ」との事。

「ありがとうございます。最近真面目に更新してなくて・・・」と恐縮してしまいました。

と言うわけで、今日はこうしてブログを更新しているという次第であります。(汗)

普賢岳の下の広場で昼食を済ませて、紅葉茶屋から国見別れへと登り返しました。
この登りはいつもキツイなあ~と思います。

妙見神社から仁田峠へと下り、今日の山行も終了です。

帰路、いつも立ち寄る岩戸神社近くで水汲みをして帰宅しました。
(今日は美味しい水割りが飲めるぞ、、、ニコッ)

 



 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 礼文島と利尻山 | トップ | 2017.09.30 岩屋山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山で出会った人」カテゴリの最新記事