Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

2018.05.04 氷ノ山

2018年05月06日 | 山歩き

兵庫県の「氷ノ山」と広島県の「比婆山」へ行ってきました。
以前から気になっていたもののなかなか機会がなくこのGWを利用してようやく行くことが出来ました。

5/3(木)AM8:00頃、登山と車中泊の荷物を積み込んだ車で長崎を出発。
10時間かけて氷ノ山の東側登山口近くまで走り、チェーン脱着場の広場で車中泊しました。


[日 程] 2018.05.04(金・祭)
[山 域] 氷ノ山(兵庫県の山)
[天 候] 晴れ
[コース] 福定親水公園登山口→氷ノ山越(避難小屋)→氷ノ山山頂→氷ノ山東尾根→氷ノ山国際スキー場→福定親水公園
[メンバー] mimimama、jimny
[レポート] jimny
※ログ

5/4朝、車中泊した駐車場のトイレの掃除の音で目が覚めた。地元の方が掃除をされているようだ。「一晩お世話になりました」と声をかけると、車のナンバーを見たらしく、「長崎からですか」と驚いた様子。夜から朝にかけて冷たい雨が降ったので「冷え込みましたね」と私が言うと「山は雪が降ったかもね」と言われた。事前にネットで調べた情報でも、山頂付近は積雪がかなり残っている様子だった。やはり豪雪山岳地域だけのことはある。

 ↓ 福定親水公園を出発

↓ 名前が付けられた滝がいくつも出てくる

↓ きれいに手入れされた植林

↓ 新田次郎著「孤高の人」で有名な登山家「加藤文太郎氏」が泊ったことがあると言われる「地蔵堂」

↓ 涸れ沢を渡る急な階段

↓ 氷ノ山越に立つ避難小屋

↓ 雪渓越しにみる氷ノ山山頂小屋

↓ 昨夜の雪が岩に張り付いていた

↓ 寒そうなショウジョウバカマ

↓ 山頂までもう少し

↓ 氷ノ山山頂小屋、小屋の中で昼食をとりました。

↓ 東尾根コースにある「神戸大学のヒュッテ」

↓ 東尾根休憩小屋

↓ スキー場へ降りてきた。ここから車道歩きで福定親水公園に戻る。

↓ 道沿いには「イカリソウ」など花がたくさん咲いていた

氷ノ山へは西側からのコースがより楽に登れるようだ。夏にはファミリー登山で賑わう山らしい。私たちは東側の登山口から谷添いのコースで登り、東尾根といわれるコースで下る周回としたが、結果的に静かな山歩きが楽しめて良かった。谷沿いの登りのコースは少し勾配がきついところもあったが、つぎつぎに現れる滝や、可愛い草花にも励まされて頑張ることができた。下山コースにも言えることだが、この山域のブナの木々は素晴らしかった。ちょうど新緑をまとって華やぎが眩しい時期だったので、その活き活きとした姿は感動ものだった。私が住む九州には、これほどのスケールのブナ林はないように思う。氷ノ山には積雪時期に訪れてみたいと以前から思っていたが、アプローチを考えるとついついその機会を失してしまっていた。冬季はコンデション次第では相当に手強い山と聞くので、私にはもうその機会はないだろうなぁ・・・。そんなことも思いつつ、初めての山「氷ノ山」を歩いてきました。いい山でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018.04.30(月・祭)福岡県... | トップ | 2018.05.05 比婆山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事