Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

2018.10.08 三瓶山

2018年10月10日 | 山歩き

右田ケ岳からの続き

10/8・三瓶山 ※ログはこちら

昨日の右田ケ岳から三瓶山の近くに移動し、道の駅「ロード銀山」で車中泊。朝起きてみると結構な車でいっぱいだったので三瓶ダムサイトまで移動しゆっくり朝食を取ることにしました。

三瓶山青少年交流センターの駐車場に車を置かせてもらいました。

駐車場の奥の方に登山道の取り付きがあります。今日は今回の山旅のメインの山「三瓶山」です。少々長丁場のなので気合いを入れ直して歩き出します。

台風の影響で男三瓶と女三瓶の間の縦走路が通行止めと言う情報を得ていたので、今日は女三瓶から登って大平山~室ノ内池~孫三瓶~子三瓶~男三瓶~登山口へと周回するコースです。

女三瓶までは気持ちのいい樹林帯の中の良く整備された登山道でした。祭日なのに登山者の姿はほとんどありません。女三瓶への登りの途中で足取りも軽やかな若い男性が追い抜いていきました。この男性から女三瓶の山頂でいろいろとこの山の情報をいただく事ができました。最後のピーク「男三瓶」でも一緒になり、九州の山の話などで会話が盛り上がりました。

女三瓶からの展望。左のピークは孫三瓶、右(真ん中)のピークは子三瓶。

眼下にはスキー場が見えます。リフトは動いているようです。

こちらは主峰「男三瓶山」の雄姿

大平山に立ち寄り、室ノ内池へ下ります

火口湖の室ノ内池

孫三瓶

子三瓶の登りもきつそう・・・・。いったん下って登り返します。右奥のガスの中は男三瓶山。

子三瓶山頂

室ノ内池分岐→男三瓶へ

男三瓶への急登を登り なだらかな尾根へ出る

最後のピーク「男三瓶山」はガスの中でした

姫逃池方面へ下山します

降りてきました


今日見た花たちです


下山後、国民宿舎さんべ荘でお風呂に入りました。(入浴料500円也)

今回の山旅の最後の日は「深入山」を考えていたのですが、最近登山道沿いで熊が目撃されたという情報があったので、そのお隣りの「恐羅漢山」に変更。どちらの山も冬山入門で登られる山との事なので、アプローチを含めての下見を兼ねての山行です。 この日のお泊まりは、道の駅「来夢とごうち」という所。なんですが・・・・ナビに田舎道を走らされてしまいました。おまけにコンビニもなかなかないし晩御飯にありつけるんかいな??と不安の中のドライブとなりました。なんとか晩御飯もゲットし「来夢とごうち」に到着することが出来ました。 ※次の日はこちら

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 中国地方の山へ(右田ケ岳、... | トップ | 10/9 恐羅漢山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事