Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

2018.04.22 脊振山系・鬼ケ鼻岩~唐人の舞

2018年04月23日 | 山歩き

 

[日 程] 2018.04.23(日)
[山 域] 脊振山系(鬼ケ鼻岩、唐人の舞)
[天 候] 晴れ
[コース] 椎原峠西手前の林道→椎原峠西(縦走路)→鬼ケ鼻岩(ピストン)→唐人の舞→椎原峠西→林道駐車場所
[メンバー] mimimama、jimny
[レポート] jimny

※ログ

昔訪ねたあの場所は今はどうなっているのだろうか・・・・?
ふとそんな事を思う場所がいくつかある。

この日行ってみたのは、脊振山系鬼ケ鼻岩への最短ルートである佐賀県側の林道登山口。
ネットの情報によれば、昔は荒れていた林道が最近舗装されたらしい。
かなり昔の事になるが、当時の私は渡部智倶人氏が書いた「九州百山峰・初版本(現在は改訂版が出ている)」と言う本を頼りにいろいろな山の登山口へ繋がる林道を愛車ジムニーで走り回っていた。今回訪れたこの林道は当時は普通乗用車ではとても乗り入れることのできない荒れた林道だった。悪路に強いジムニーでも途中までしか行けなかった記憶がある。

そんな林道がきれいになっているらしい・・・・・と聞いて、早速出かけてみた。
なんと、林道が伸びていると言うレベルではなく、稜線まで舗装された道が出来ていた。
この日、車とバイクが一台づつ稜線まで乗り上げていたが、いくらなんでも少し下がったところの車両の駐車スペースのあるところに車を置いて歩いてほしいものだ。

私たちは林道の広くなったところに車を停めてノンビリ林道を20分ほど歩いて椎原峠(西)に到着。林道沿いにはスミレやリンドウなどの花が多い。椎原峠(西)から左へ進めば「鬼ケ鼻岩」。右に進めば「唐人の舞」と言われるポイントがある。

この日は7~8分咲きの「ミツバツツジ」が登山道を彩っていて、ピンクのトンネルの下を歩くことが出来ました。

 ↓ 椎原峠西

↓ 鬼ケ鼻岩にて

↓ 福岡市方面

 

 

↓ 金山方面を振り返る

↓ 唐人の舞と言われる小ピーク

↓ ここで昼食

↓ この日見た花たち

↓ これは「ギンリョウソウ」

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 山の後の水汲み | トップ | 2018.04.30(月・祭)福岡県... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エミリー)
2018-04-27 06:53:36
おはようございます。
ああ、いっしょに参加したかったです。
道路情報ありがとうございました。
29日に新村から井原山 水無と登る予定です。

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事