Jimny徒然記

山のこと、下界のこと、徒然に・・・

雪がなかったアイゼントレ

2014年12月22日 | 山歩き

冬山用のアイゼンを新調したので、慣らしをしようと思い多良の経ケ岳に行ってきました。
黒木から見上げる経ケ岳には白いものはまったくなくて少々ガッカリ・・・
でも、いくらなんでもツゲ尾から上には少しは雪か氷があるかもと期待しながら登りました。

ツゲ尾に着いてみても雪の気配はありません。
さらに登っても、ロープが張ってあるガレ場のところもところどころに薄い氷が残るだけ。
結局、この日はアイゼンを担いでのボッカトレになってしまいました。

これまで使っていたアイゼンは、バンドで締める古いタイプでしたが、
新しいアイゼンは踵はコバで止めるセミワンタッチのタイプです。
今の冬靴は前にもコバがあるのですが、この先の汎用性を考えてセミタイプにしました。
以前のバンドタイプは靴のつま先部分をワイヤーにくぐらせるときに手こずることがあったのですが、
今度のアイゼンはつま先部分がプラスチックで出来ているので靴を入れるのがスムーズです。

コバで止めるタイプは初めてなので、早く一度試し履きをしてみたいものです。

(ベルグラが張った経ケ岳南壁)

(経ケ岳への最後の登り)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2014.11.16 福岡県芦屋基地... | トップ | 懐かしい風 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事