Jimmynagahoriの音楽活動その他色々

jimmyの周りで起こっている色々な出来事を紹介して行こうと思っています。

お台場へ

2018年03月15日 07時18分32秒 | Weblog
昨日は、さすがに堪忍袋の緒が切れた
89歳の母のことで担当保険師の方と意見の食い違い
マニュアルを押し付けようとするので日々生活している人にそれは、当てはまらない事を告げた
怒らない様に優しく接する事・・・これがマニュアルだそうですよ。
老後を穏やかに過ごしていただける様に・・・・「ふざけるな」
現場は、母親と意見の食い違いでつかみ合いの喧嘩ですよ。子供をしかる様に
ボケたからと言ってホイホイしていたら益々進んでしまうと感じるので有りのまま
60歳の息子が今まで生きて来た持論で残りの人生を過ごして何処が悪い。
母親の老後は、私の責任でもあります。亡くなった父親との約束でもある。







そこに隣に住む連れ後の姉が世間一般の持論で割り込んで来る
隣にいるのに母親とは、接していないのに私のやり方生活まで口出しをする・「ふざけるな」
父親との血のつながりが無いと言う事を実感しました、その事は、母親にも説明。

介護と言う現場は、行政が決めたマニュアル通りには、行かない。
母親の今後は、自分が責任を取ると言う覚悟で駄目な時には、怒鳴るし叩くし、親子ですからね。

保険師さんにもその旨は、伝えましたよ。姉と決別した日でもあると感じました。
所詮連れ子、何処の誰だか知らない父親、病死だから仕方ないが
3歳から育ててもらった私の父親の恩を忘れる様じゃね。

68にもなって何を考えているのか、自分の老後の心配で頭がはじけそうなのかなぁ・・・・・
この様な事例は、沢山あると思います、私も接客業をやっているので沢山の方から
色々なパターンを聞く機会が多く色々考える事が多い。

何がボケなのか何処が正常なのか判断は、難しい。
施設に入れちゃ駄目ですよ、自宅があるのだから・・・・・
その環境が無い方は、また考え方が違う訳で、ひとそれぞれ・・・・・・

国が決めた介護、医者が診断した痴ほうが全て正しいと思ったら大間違え。
自分の目で見て、肌で感じてその時その時乗り越えて行かないとね。

姉は、それが出来ないと感じた日として日記として残しましょう。
自分が決して正しいとは、思わないが、自分のやり方でやらないとね。
人にやれと言われたマニュアル通りには、絶対にいきませんよ。

人間ですからね。マニュアルは、物に対してとしか感じられない・・・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日の日課 ブログの原動力

2018年03月15日 07時12分50秒 | Weblog









コメント
この記事をはてなブックマークに追加