頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

松沢先生直々にご案内くださった

2020-06-28 02:56:54 | 日記

問題のオリも松沢先生直々にご案内くださった(2013年7月)。小生(日本学術振興会評価委員)のミッションには会計検査は入っていないはず。

「霊長類研が2011年度から14年度に、チンパンジー飼育施設の整備で結んだ契約100件のうち、のべ34件で不正支出を認定。納品の実態がないなどの架空取引14件、業者の損失を穴埋めする過大支出12件などで、ほかに仕様づくりに関与した業者が入札に参加した入札妨害7件、目的と異なる用途に機器を使った目的外使用1件で、計約5億600万円の不正支出があった。(朝日)」

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 中学時代の自由研究 | トップ | 夜の街で連日 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本人)
2020-06-28 02:59:29
2013年の夏に日本学術振興会の評価委員として松沢先生を訪問し、世界一優秀なチンパンジーのアユム君にもお目にかかった。文系(哲学)から出発し、バリバリの論文工場を築き上げたことを誇りにしておられた。著作もいただいた。小生も研究姿勢で真似た部分はいろいろある。ゆえに、こんなニュースは信じたくない。
Unknown (本人)
2021-10-27 13:43:38
先生が「遺書のつもりで書いた」と、2011年に受賞した著書「想像するちから」の帯に書かれていた文言がこんな結末と関係しているなんて思いたくない。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事