頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

統一教会との関わりを問われたら、「学生時代によく小突き回した」。

2022-08-12 14:12:22 | 日記
学生時代に小生も、学内の統一教会・勝共連合系団体構成員を小突き回しておりました(といっても年中行事の900番教室前バトル程度でしたが)。それは容共・親共だったからではありません。現在まで一貫して世間で批判されている彼らの反社会性のみならず、(半島ルーツ系を含め、)彼らが「左」とみなした学生の個人情報(今日風に言えば)を公安に売り渡す類の活動(実際にそれで不利益となった学生の事例を、代々木を含めセクトの公然メンバーを除けば見たことがないのですが、)に対して義憤を感じた故です。よって、我々自身も「共」が正義だとか「反共」が絶対悪だとか思っていたわけではありませんでした。彼らをウザイ街宣右翼と同一視していたかもしれませんが。
(同期入学のI市長さんと出会ったのもそんな世界だったなぁ。)
コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 野外観測(鹿島) | トップ | 今回も映像作家+哲学者との... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本人)
2022-08-24 13:41:42
ある報道番組で、統一教会との関係性を政党別に紹介する表を提示していたが、
共産 「わが党は皆無」
とか書きこんでいる時点で、ディレクターが不勉強の常識知らずであることが露見。この議論で代々木が出てくるのがおかしいってことに気がつけないレベル。
取材だけなら、小生も東大新報から受けたことあり。その学生記者も80年代までの歴史はほぼ知らなかった。
「あ、学生時代みなさんをボコってましたんで、、、」
1980年代の駒場での反勝共闘争は、1960年代の紅衛兵みたいだったかも。

CARPは1980年代当時すでにあった。たしか「宗教と科学の統一」を原理研究会(統一教会系)は唱えていた。
駒場に原理研究会後継サークルが復活。しぶてえな。一旦は駆逐されていたようだが4人で再建とは。東C自治会(現在代々木系ではない)頑張れよ(元常任委員)。
こいつら反共でもなければ右でもない。単なるカルトだった。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事