頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

理科と社会だけで勝負できたなら。

2021-04-07 00:05:45 | 日記
「公立生は、国語・数学・英語の成績は悪くないのですが、理科・社会が追いつかない。」(某著名都立高校教師)
今の子供はそうなのか。「三教科よりも理科や社会が好き。理科も社会も両方好き。」という子供はめちゃくちゃ有利ということなのか。小生「三教科」は義務感(ある意味後ろ向き)でやったが、理科と社会は好きだから勉強していたので、追いつかない、とかいってる意味が理解できない。大学に進めば、ほとんどの専門は理科か社会に分類されるし、生業を得る業界にしてもそうだ。「三教科」としかつながっていない専門や生業なんて少数派だし、それだけで飯食おうとしたらすごく大変なのだから。受験科目が国数英の3つだけとか言われたら、小生にはある意味地獄だったと思う。(あくまで競う相手次第の相対的な話になるが、)正直勝てる気がしない。陸上選手だった時代に混成競技(高校生は五種)を選んだ理由に通じるのかも。
三教科はなしで、理科2プラス社会2だけの勝負でいいなら、全国でもかなり上位だった可能性も。 
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 13年ぶりの3年1200万 | トップ | 今年の名大講義 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本人)
2021-04-07 11:30:57
3教科、2教科と減らすのはいいですが、国数英に収斂というのが不満でした。私マヂ勝負できません。理科、社会の2科目を英語で、計算問題入りで出す。国語の読解力も必要な内容にすれば。究極の入試の姿です。金沢大の文系後期風? センター試験のみ3教科でオッケーなんて生ぬるすぎ。Fランかいな。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事