頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

2018年5月4日(白馬村下見)

2019-07-17 13:34:49 | 旅行

It was a fake news that a half of villagers was replaced with western people, I found.

今年度の冬季自然地域調査技術研修はこの近く(スノーハープ)にしようと思う。いい下見になった。村民の多くが白人に置き換わり、日本語だけでは生きにくい村になった、というのはガセだった。確かに、英会話教室だけは増えている。駅から離れたところには、ヨーロッパみたいなお店がいくつかできているらしい。




20 minutes short tour to the Hotaka Shrine. Our train was waiting our return.




コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 2018年5月5日(解散:バスク... | トップ | 2003年3月青海省西寧その2 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本人)
2021-05-04 00:59:51
コロナ禍は「租界化」、いや、ジェントリフィケーションへどのように影響したか。オーストラリア、そして国内大都市からの移住にも注目。

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事