頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

官僚選ばぬ東大生(朝日新聞)

2021-06-17 13:11:31 | 日記
1990年幸運にも脱「霞が関」。
元朝による高麗侵攻期、「今時国禄者になるなんて」という議論もあったそうな。
小生が任官した当時、「どこぞのご令嬢が大蔵省のエリートと結婚し、新婚旅行から戻って初めて目にした公務員宿舎の粗末さに泣き崩れ、、、」という某週刊誌の記事を読み、意外に世間知らずは多いなと思ったものだ。
新人時代お世話になった戸越の林野庁単身寮はもうないだろう。6畳1間数千円。毎日終電なので寝るだけの場所。
コメント   この記事についてブログを書く
« 菓子折り用意するほうが | トップ | 2007年夏福建省武夷山のけし... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事