頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

100人の1人。

2021-10-08 15:40:05 | 日記
件の漢文学者も寄稿していたので気分がよくない。






“AIIBの誕生はアメリカにとって衝撃。中国が世界の王座に座るプロセスにあると考える人が増える。しかし、近い将来にと考えるのは誤り。中国には、自身が越えなければならない、あまりにも多くの課題。その核心が農村問題と農地問題。”
という、愛知大学高橋五郎先生のコメントをめぐり、とある華人研究者(経済学)からの批判が来たので、少し議論に付き合いました。
華人「日本人の漢文学者(加藤徹)によれば、中国の将来を正しく予測できた日本人はこれまでの経験では、一人もいない。AIIBの話について、論点をすり替える人が日本に多すぎます。参加なら参加、不参加なら不参加。余分のことを論じても無駄。この点に関して、イギリスなどは馬鹿ではないでしょう。漢文学者だから、いっていることがおかしいと思いません。おそらく、過去の事実と評論家や学者の議論を統計データでみれば、一人も正しく予測できていないのは事実です。中国の動向を黒幕のように論じるのは勝手にすればいいけど、そんなに単純明白だろう? AIIBはアジアインフラ投資を目的とする銀行です。中国は農業を含めて国内事情が深刻だから、AIIBをやれるわけがない。なんとわかりやすくて、単細胞のような仮説でしょうか。専門が違っても、事実を言っている学者の方が信用できると言いたいです。漢文学者だからといって、その見解が論外というのは違うと思います。漢文学者をバカにしていませんよね? それに、専門が経済学でしたら、本問題の論点を中国の内政問題にすり替えるのはまずないです。」
コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 地理学者の眼 | トップ | 高校(校歴)が関係ない世の中 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本人)
2021-10-08 15:42:53
客観的な分析に対して主観をくだくだ、の次元です。日米に対する被害妄想を基礎として。正論は「三農問題を連想する人はいない、、、」などと。連想ではなく、高橋五郎先生は社会システムとしての相関性を論じているのです。加藤徹の著作でそういっているから。という論文が出てきたら、レビューが不十分と判断されます。それだけに価値を見出すなら、リジェクトになるでしょう。学術論文を複数示せと書かれる。あの武田邦彦がこんな環境予測をしている、とだけ書いてあると同じにしか見えないので。「AIIBとの関係は最後にもう一度言いますが、中国国内問題として論じられるのは間違いです。見識が違いますので、これ以上の議論はできません。」だそうです。国内か国際かで敷居を設ける議論はどこにもありません。すべて、地球規模の問題の一要素としてとらえます。個別の国の事情だから国際システム分析のパラメーターにしないということはありません。地球環境問題をシステムとして考える場合、個別の国の因子もすべて扱います。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事