頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

キャンパスのイケメン今昔

2021-05-05 09:55:40 | 日記
伊澤氏らを見るまでもなく、昨今駒場の長身イケメン率はかなり高い。名古屋大もしかり。
小生の時代も意外に多く、アーサー黒田をチャラくした感じの開成一浪文I・T氏、布袋さんをチャラくした感じの麻布一浪文II・X氏とか。1年ほど軟弱サークルご一緒したが、住む世界が違った。
そして要潤を強面にした感じのラサール文III・Oさん。反YYG系シンパを代表するイケメン。最近10年くらいの小生のファッションはOさんの路線か。空想科学でおなじみのYさん(理I)もOさん周辺でのつながり。そして2年目は一転して親YYGシンパデビュー。ゲバラファッションのK氏(文III)、風貌までマルクスそのものといったM氏(理I)。そして小生も徐々に急進的プチブル路線へ。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ジェントリフィケーションと... | トップ | 母校の存続危うし »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本人)
2021-05-11 02:07:58
「バカとブスこそ行け」って言われなくても同じこと考えていたので行ってみたら、イケメンチャラ男がこんなに多いとは思わなかった。今現在はさらに、だろう。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事