頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

2012年4月5日(諸葛亮と周瑜)

2019-03-12 10:32:26 | 日記
普段小生が好んでしているのは、諸葛亮と周瑜が交わすような会話。直接的な表現ではない。比喩が多い。言外に含めた内容が少なくないが、お互い相手の腹の内をしっかり読んでいる。ハリウッド映画のピンポン玉みたいな会話も似たようなものか。日本人と違い、外国人との会話はストレートが基本、以心伝心は通じない、などという指南も目にするが、それって実に風情がない。このような例もあるではないか。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 2012年4月6日(新感覚中国語... | トップ | 2012年4月3日(劣悪旅行会社) »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本人)
2020-04-05 00:58:09
五毛と呼ばれる連中が小生の新浪微博を荒らしに来たようだ。BOTも混じっているから150件以上の書き込みにすべて反撃するのはバカバカしいが、まじめなフォロワーのみなさんとの対話を妨げるのは看過できないので、今週から事例分析しつつ処理(返答・論破、単純削除、報告などに分類)を進め、次回著作の基礎データとしたい。ロンパールームをナメるなかれ。
Unknown (本人)
2020-04-05 00:59:55
中国の五毛とは、政府から小銭を受け取って活動するネット右翼の如きアカウントをさす。
Unknown (本人)
2021-04-05 01:03:44
今も実践。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事