頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

経済学は難しい

2020-09-17 00:38:19 | 日記
遅まきながら読破(35年遅れか)したが、7割位しか理解できない。金融界や政界には向いていないのだろう。環境学の世界でもこういうのばかりやってる人もいる。自然科学の知識に乏しいままでは、さぞかしつまらないことだろう。
均衡のグラフは何度も何度もみているが、具体的・定量的な数値入りは見たことがない。ゆえに概念のモデル化だろうくらいに、毎度毎度割り切っている。説明しろと言われても、途中で「あれ、逆じゃない?」って感じになってしまう。自称ガチな理系なので、おそらく大真面目に読めているはずだが、表から読むべきを、裏から「正確に」読んでしまっていて、ゆえに必ずそういうことになってしまうのだろう。
農水省林野庁に任官した1989年の時間外労働を計算してみました。月に120時間ってとこでした。若ければ何でもできる。翌年度は地方勤務で9時17時の生活。年度途中で大学教員に転任し、勝手に働き方改革して今日に至っております。当時もらった残業代は月に3万円。蟹工船並の時給。1989年の一年間で、ちょうど100万円搾取された計算。以降30年の学者生活でそのくらいはズルさせてもらったはず。経済学のお話。
 
 
 
 
コメント   この記事についてブログを書く
« 知事の歴史 | トップ | 「私への講演依頼ですか?」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事