頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

2012年7月30日(セルジュークの末裔)

2019-03-15 22:27:35 | 日記
小生の講義にいたドイツ人留学生のゼルチューク君。変わった名字だと思ったら、これはトルコ語のセルジューク。ご両親の代はトルコ籍だったそうな。1980年代にGastarbeiterに関する書籍を読み、いくつかの社会問題を勉強した。彼らの次世代はすでに、普通にドイツ社会に定着しているようだ。小生の好きなドイツのドラマ「GSG-9」のヒーローもトルコ移民(劇中、自身はムスリムだと述べている)という設定だ。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2012年7月31日(バス停名称の... | トップ | 2012年7月29日(日本語専攻の... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本人)
2021-07-30 17:53:47
Herr Dipl.-Ing. Selcuk. Mein Student von BRD. Der Nachkomme eines Kaiserclans.

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事