頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

待てば海路の日和あり

2021-06-17 13:14:48 | 日記
1982年の東大全学オリエンテーション委員長で、2010年の参議院選挙に新党改革から出馬し落選した海治広太郎さん。
「待てば海治(うみじ)の日和り(ひより)あり」
駒場の1年生だった小生が活動家諸兄の前でポロっと口に出したところバカ受けしてしまったが、海治ではなくて海路だと勘違いしていたらしい。(こういうしょうもないジョークについては小生自称天才かもしれない。)
てか、日和るどころか当時の彼はいわゆる無党派で、YYG系でもなければ反YYG系でもなく、YYGに言わせれば「右だよ」みたいな言われようだった気がする。舛添師匠にだいぶ鍛えられていたらしいが、今お元気だろうか。
コメント   この記事についてブログを書く
« 2007年夏福建省武夷山のけし... | トップ | エリートは意外に親日だらけ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事