頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

インドカレー屋あるある

2024-02-26 23:24:31 | グルメ
「バターチキン甘口とオーダーするのはド初心者で間違いない。マトン辛口とオーダーする客にはフルリスペクト。君はどう。」
との仮説を検証すべく、行きつけの南アジア料理店店主にヒアリングしてみた。現状でもオーダーの6~7割くらいがバターチキン甘口。ビギナーと思われるゲストではほとんどが。しかし半年でローカルのネパール料理セット辛口(小生の普段のオーダー。上には大辛あり。)にグレードアップした小学生もいるという。一般にビギナーはバターチキンしか知らないらしい。これはテレビの悪影響と思える。いつまでもバターチキン一択という人は、学ばない人の可能性もあるだろう。内陸国のネパール人が日本のラーメン屋にいくと、味噌ラーメン一択らしい。タイ人やベトナム人のように魚醤文化のあるところだと、しょうゆラーメンを選ぶのだろう。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 最近の教育ネタ | トップ | 肉を切らせて骨を断つ戦いに... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事