頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

インドの社説(何もわかっていない)

2021-11-24 11:20:17 | 日記
海外の王室が未来の女王に王配を迎える時、その王配ご自身も(スウェーデンとかの例外を除けば)間違いなく公爵クラスの家の出身、つまり貴種。平民が王配になることはない。欧州ではサリカ法典なる大原則が重んじられている。
かつて陳勝は「王侯将相寧有種也」とも言っている。人間は、生まれた家柄によってではなく、本人の才能と努力によって評価されるべきだ、という意味だが、王配になることがその評価結果となってよいというわけではない。よってジェンダー平等の観点から議論すべき話とは違う。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ネアンデルタール人をスキップ。 | トップ | 20年前まではトップランナー? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事