頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

護憲団体の高齢者が。

2021-05-03 12:52:32 | 日記
今年も駅前で活動していらっしゃるのだろうか。
運動の裾野が広がることは、理解が中途半端な味方を増やすということでもあるので、決していいことばかりではない。
アクティブなコアメンバーだけで運動するのが厳しいことには変わりないし、運動の先鋭化が悲劇をもたらした例も少なくない。
ここ数日、社民党がバリアフリー問題で炎上しているらしい。理念に忠実に行動するべきという気持ちは理解できるが、「敵を利する」失策に無頓着というところが気にいらん。正直代々木はここまでひどくないと思う。(市議選の件はあきれたけれど。)
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« つくばフェスティバルオンラ... | トップ | 人生はすごろく »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本人)
2021-05-03 12:55:25
小生「今日の問題の根源は9条ではなくて96条じゃないんですか。」
運動員「・・・」
Unknown (本人)
2021-05-05 09:46:01
いわゆる憲法論議には9条しか出てこないように見えたりするのが気になっています。96条なども含め、しっかり議論されるよう願っています。環境やジェンダーの視点でも。護憲の情宣活動家ともそんな話をしています。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事