頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

貧乏婿

2021-11-06 00:56:31 | 日記
中国のネットで「貧乏婿」が急上昇。実際の中国語は何だろうと探してみたら、窮駙馬(穷驸马)というワードが見つかった。古代中国で、皇女の婿が駙馬の官位を与えられた故事に由来するという。
なるほど、身につまされる話だ。実は小生にも「貧乏婿」の自覚は今でもある。いわゆる格差婚(学歴でない)だったといえる。4代前(小生の高祖父は著名な養蚕家・林業家で、屋根裏に女工さんたちを住まわせていた)の立場は逆だったはずだが、祖父の代ではいたって普通の家だった。
小生も結婚する際、博士号をそう遠くない段階で取るとかかみさんに言ってた記憶がある。結局いただいたのは4年後、詐欺とか言われても致し方ない。
その後学会で表彰をいくつか頂いたり、国際的なミッションをアサインしてもらったりで、そろそろ借りは返せたんじゃないか。
そんなわけで彼の気持ちは痛いほどよくわかるが、同情する気はない。
---
小室圭とピンインで入力したら、笑屎鬼と変換された。これを中国ネットで紹介したら、爆笑の渦となった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする