頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

大丈夫か、中国の地理学。

2021-06-21 14:10:50 | 日記
ある学生に伺いました。大丈夫か、中国の地理学。
---
中国の教育を受けた文系の学生にとって、中国の学生が地理に触れる機会は、基本的に中学・高校時代以外にはありません。また、文系の学生が高校で習う地理は基礎的なものです。私の周りでは、大学でも地理を専門にする学生はいません。私の高校時代のクラスには、地理に興味を持ち、才能を発揮する学生がたくさんいましたが、大学で地理を専攻することにはならなかったようです。なぜ地理を学ぶ人が少ないのか?私の考えでは、今の多くの人が専攻を選ぶ時に、優先するのは「就職」です。一方、地理学の卒業生は、就職先の選択肢が少なく、給料も高くなく、学術的な研究志向が強いために冷遇されていると言われています。自分が好きなこと、自分が得意とすることとお金を稼げること、この3つのことが共通の交点を持たない人たちが大勢にいます。そして、地理学が原始的な学問で、それを研究するのは物理化学生物学に委ねられているのではないだろう。それは長く難しい道だと思われています。

40年ほど前、旧東側の国では地理学の地位が高い、と教えられました。広大な国土を探査する必要があり、「自然資源」という、中国独自のカテゴリーが地理学の根幹をなしていたり、というのが印象的でありましたが、環境学を包括しているような中国の地理学ですら、後発分野や周辺分野においしいところを蚕食されはじめているのかもしれません。
コメント

中国人ならみんな知ってる下ネタ

2021-06-21 14:09:40 | 日記
これはR-18ではないが、中国人ならみんな知ってる下ネタ系なので、詳細な解説は避けるとしよう。「飛行機を打つ」というのは有名な隠語である。調べてみよう。番組の趣旨は、アメリカの国内航空路線と同じく、中国でもジャンボジェットは必要ない、小型機材をチョコチョコ使いまわすほうがいい、というもの。「大」と「打」は声調違い(どちらもDa)。中途半端に勉強した日本人ならここで大笑いしてしまう。
コメント

明治大学講義(6月24日5限駿河台)

2021-06-21 14:07:42 | 日記
My lecture at the Meiji Univ. "Chinese Environmental Issues" (June 24, late afternoon, Surugadai)
---
明治大学全学共通総合講座「環境と政治・経済・社会Ⅰ」(駿河台キャンパス,5限)
6月24日 中国における環境問題と対策(一ノ瀬俊明)
急速な経済成長に伴い、エネルギー問題、大気汚染及び水質汚染を始め、中国における様々な環境問題が深刻化しており、環境対策に関する中国の取組姿勢が注目されている。これまで産業先進国が経験してきた”資源開発ー経済発展ー環境破壊”というパターンと異なり、中国では経済成長と環境破壊が同時に進んでいる。さらに、産業構造や経済状況などは、地域間に大きな格差があるため、環境問題の解決がより一層複雑化している。講義では、経済開発を起因とする汚染問題、土地利用問題、エネルギー問題の現状を実際のデータに基づき説明すると同時に、中国にとって今後の環境対策のあり方について解説する。特に、膨大な人口を抱えている中国では、如何にして経済成長と環境保全を両立させるか、その可能なアプローチは何か、具体的に考察する。(昨年まで先輩が担当していた内容)
コメント (1)

「お客様は神様なんかじゃない。」

2021-06-21 14:06:45 | 日記
欧米との労働観の違い(キリスト教との関係)。(飲食)サービスにおける価値観・コスパの違い。日本を飛び出す前に、学んでおいて欲しいところ。
コメント