頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

58にしてブレず

2021-06-17 13:21:28 | 日記
Wer kämpft, kann verlieren; wer nicht kämpft, hat schon verloren. (Brecht)
58にしてブレず。
ブレ人にあらず。
コメント

気候変動等による地球環境の緊急事態に社会とどう立ち向かうか(7/3日本学術会議)

2021-06-17 13:19:40 | 日記
本学会が共催となっている行事をご案内いたします。
公益社団法人環境科学会理事 一ノ瀬俊明
---
この度日本学術会議の環境学委員会で学術フォーラム「気候変動等による地球環境の緊急事態に社会とどう立ち向かうか-環境学の新展開-」を開催することになりました。環境衛生のみならず、環境に関係する法律、経済、教育、気候変動、資源循環等の最新の動きを概観するものです。よろしければご登録、ご視聴ください。
学術フォーラム「気候変動等による地球環境の緊急事態に社会とどう立ち向かうか-環境学の新展開-」
http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/308-s-0703.html
*****
環境学は大きな変革期にある。人間活動の影響による気候変動は洪水や渇水を引き起こす異常気象や森林火災の頻度を高め、新型コロナウィルス感染症は地球規模で社会に甚大な影響を及ぼしている。ほかにも生物多様性の損失や化学物質汚染など、いわば地球環境の緊急事態は深刻さを増している。これらの課題に対し、情報技術や環境投資などの誘導策も活用した、経済、社会、教育等が連携した社会全体のパラダイムシフトが強く求められている。日本学術会議の中でも多分野のメンバーが関与する環境学から、それぞれの分野の最先端の動きを紹介し、緊急を要する環境学の新たな展開を考えるフォーラムの第1弾!
コメント

エリートは意外に親日だらけ

2021-06-17 13:17:09 | 日記
清華大学全学新入生(2018年)の第二外国語選択希望。文理の差がないとすれば、1980年代の東大理II・IIIに当てはめてみると、1組~6組が日本語(中国語)、7組~9組がフランス語、10組~11組がドイツ語(小生は11組のドイツ語だった)、あとは他学類と合同クラスになり、スペイン語、ロシア語、韓国語というあたりまでが設置可能。イタリア語以下は第三外国語で学んでくださいってか。エリートは意外に親日だらけ。しかしながら修士で日本へ留学するのは少数派。ほとんどが欧米へ。  


コメント (1)

待てば海路の日和あり

2021-06-17 13:14:48 | 日記
1982年の東大全学オリエンテーション委員長で、2010年の参議院選挙に新党改革から出馬し落選した海治広太郎さん。
「待てば海治(うみじ)の日和り(ひより)あり」
駒場の1年生だった小生が活動家諸兄の前でポロっと口に出したところバカ受けしてしまったが、海治ではなくて海路だと勘違いしていたらしい。(こういうしょうもないジョークについては小生自称天才かもしれない。)
てか、日和るどころか当時の彼はいわゆる無党派で、YYG系でもなければ反YYG系でもなく、YYGに言わせれば「右だよ」みたいな言われようだった気がする。舛添師匠にだいぶ鍛えられていたらしいが、今お元気だろうか。
コメント

2007年夏福建省武夷山のけしからん役人

2021-06-17 13:13:02 | 旅行
その場ではったりかまして現場の不正を糾弾。
「俺は日本政府環境部に派遣された生物多様性の専門家だ!」
もちろん観測の合間のエクスカーションなので真っ赤なウソである。
聞いていなかった「入山許可証」の要求は撤回され、100元の「自然保護費」支払いだけに替わった。これでも、上海の先生は「腐ってる」とおかんむりだったが。
コメント

官僚選ばぬ東大生(朝日新聞)

2021-06-17 13:11:31 | 日記
1990年幸運にも脱「霞が関」。
元朝による高麗侵攻期、「今時国禄者になるなんて」という議論もあったそうな。
小生が任官した当時、「どこぞのご令嬢が大蔵省のエリートと結婚し、新婚旅行から戻って初めて目にした公務員宿舎の粗末さに泣き崩れ、、、」という某週刊誌の記事を読み、意外に世間知らずは多いなと思ったものだ。
新人時代お世話になった戸越の林野庁単身寮はもうないだろう。6畳1間数千円。毎日終電なので寝るだけの場所。
コメント