頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

学歴ロンダリング(院だけ東大)

2021-05-03 13:01:16 | 日記
小生が学部在学当時、うちの教室は定員8名、大学院進学希望6名、合格者2~3名(故意留年再受験者を含む)みたいな世界であったので、東大卒よりも大学院進学が重要と考えていて、かつすでに転学留年で1年遠回りしてしまっていた小生は、学内他学系(工学、農学)や、他大学の受験情報を調べまくっていた。筑波大学の環境科学も考えていたが、講義が多くて学部みたい、との情報も気になっていたし、後年ここの院生をアシスタントで雇用した時の印象からも、早まらずによかった、と思っている。転学決意からの臥薪嘗胆を2年半継続し、無事に学内工学系に合格できたので、ロンダリングとは言われずに済んだわけだ。当時はまだ絶対的少数派だったので、他学系進学の先駆者的な存在でもあったことは間違いない。
うちの教室を腰掛けにすんのか、みたいなプレッシャーを転学面接の段階からいただきつつもメンタルを折らず、そこから2年間で都市工学科と林学科(国I砂防受験のため)の単位を取りまくり、専門課程は84単位のところ120単位超えとなりました。学科内部進学が圧倒的に有利であった時代のことですから、我ながらよくも思い切って挑んだな(運命に逆らったな)と思います。そして後年専任教官ポストまで、もとの教室でも非常勤の機会をいただきました。こだわりと勝算は両方必要だと思う背景です。

コメント

留学生とBF大学の闇

2021-05-03 12:59:08 | 日記
Dラン以下の大学で教えた経験はほとんどないので、どこの世界の話だろうかと思って聞いてしまう。目の敵にされているベトナム人についても、小生が接しているのは英語が堪能な国費留学生だけである(確かに優秀)。しかし最近、仲介業者に数十万円払って日本語学校を経由し、筑波大学の学部研究生となって大学院受験準備をしているという学生と知り合ったり、少しでも費用を抑えたいから先生のところで学部研究生として受け入れて欲しい、というコンタクトをもらったりして、実際に闇が深いことは理解している。最近教えているのはもっぱらAラン大学なのであるが、リアクションにやばさを感じてしまうケースもなくはないので、BFの場合などは考えたくもない。そういう苦労は今後体験するのであろうか。 
「とにかく、出願、受験、そして合格してください。」以上のことは一切申しません。鬼だな、私は。
コメント (1)

人生はすごろく

2021-05-03 12:57:07 | 日記
想定通りに出世していた場合と、現状が続く場合の生涯収入の差は600万程度らしい。うち350万は、5年以上前の大型副業(特務機関)で取り返しているし、長男が私学だった場合250万余計にかかったはずなので、経済的にはまあプラマイゼロの人生なのかもしれない。今まで世界中で「冒険」してきたチャンスは、出世しすぎていたら確保できなかったかもしれない。予定調和の神の手は存在する。 
特務機関のミッションは「想定通り」の出世に相当するランクの人しかできないが、小生は「みなし」で任命されたようだ。
コメント

護憲団体の高齢者が。

2021-05-03 12:52:32 | 日記
今年も駅前で活動していらっしゃるのだろうか。
運動の裾野が広がることは、理解が中途半端な味方を増やすということでもあるので、決していいことばかりではない。
アクティブなコアメンバーだけで運動するのが厳しいことには変わりないし、運動の先鋭化が悲劇をもたらした例も少なくない。
ここ数日、社民党がバリアフリー問題で炎上しているらしい。理念に忠実に行動するべきという気持ちは理解できるが、「敵を利する」失策に無頓着というところが気にいらん。正直代々木はここまでひどくないと思う。(市議選の件はあきれたけれど。)
コメント (2)