頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

北京へ半月赴任

2019-10-16 15:11:40 | 日記
中国語でヴィザ申請書類を作ってみた。


コメント (1)

日本の治水インフラ設計

2019-10-16 11:44:42 | 日記

とうの昔に忘れさられてしまっているかもしれないが、小生がこの世界で飯を食っていくきっかけになったのは、1986年国家公務員試験I種(現在の総合職)試験砂防職に6番で合格し、その資格を保持(その後受験した土木職には不合格)して2年半後に農林水産省林野庁へ採用されたからである(その後大学教員へ転任)。受験当時の専門は自然地理学。陸水学として関連の知見は一通り学んでいたが、林学科や土木工学科に出向いて水文学や河川工学も(受験のために)勉強していた。その当時から、治水インフラ設計には200年確率の計画高水位を採用していた。気候変動の時代に過去200年の動向は参考になりにくいこともあるが、今朝の新聞では今回は100年に一度の降雨量を超えていたということで、統計学でいうところのロングテールに該当するような現象をいかに設計に反映させ、また防災行動などのソフト面にどう生かすべきか、貴重な教訓(防げた犠牲も少なくなかった)が示されたといえる。

コメント