恐山あれこれ日記

院代(住職代理)が書いてます。

ゴータマ・シッダッタの出家

2015年12月10日 | 日記
 後にゴータマ・ブッダとなった人物の出家の事情は、後に「四門出遊」の故事として伝えられています。宮殿の東西南北四つの門から外出した青年シッダッタが、その道中、老人、病人、死人、最後に修行者に出会い、人生の苦を目の当たりにして、修行者となる決意をした、という逸話です。

 しかし、この話が「老いるのはいやだなあ、病むのはいやだなあ、死ぬのはいやだなあ」程度のことなら、誰でもそう思うだろうし、思ったからと言って、出家などしないでしょう。しかも、本人は当時30歳前の健康な若者ですから、はっきり言えば他人事で、たいして実感のない「いやだなあ」だったではずです。

 ということは、老いと病と死を目の当たりしたとき、いったい彼は何を考えたかが問題でしょう。

 思うに、彼は、老・病・死がおよそ「自己」という様式で実存する人間の、その実存の条件であることを発見したのです。そんなことは誰でも普通にわかることだと言うかもしれません。

 確かにそうかもしれませんが、私が言う「実存の条件であること」の発見は、単に「わかる」ことではありません。そうではなくて、

「老いて、病んで、死ぬことが条件であるにもかかわらず、なおかつ、それらがいつどこでどう現実になるのかも全くわからないまま、なぜ我々は平気な顔で生きているられるのか」

 という問題の自覚なのです。彼はある経典で、自覚のなかったころの自分の在り方を「傲り」と言っています。

 この自覚から、「平気でいられる」「傲り」のメカニズムを考えて、今度は「無明」を発見するわけです。ということは、「四門出遊」の故事が意味しているのは、シッダッタ青年において炸裂した「実存すること」そのものの自覚が、いわゆるプロブレマティーク、つまり彼自らが取り組むべき根本的な問題として、改めて設定されたということなのです。

 ある事柄の自覚は、常にそのものに対する否定性(そうではないもの)との直面を契機にすることでしか、起こりません。しかし、その直面が常に自覚を呼び起こすわけでもありません。まして、その自覚は必ずしも誰かの根本問題として設定されるわけでもありません。

 シッダッタ青年に起こったのは、まさにこの三つ、直面・自覚・問題化です。我々にとって、少なくとも私にとって、それは本当に幸運なこととしか、言い様がありません(シッダッタ青年にとってそうだったかは知りませんが)。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (169)   この記事についてブログを書く
« 「愚者」の定義 | トップ | 番外:お知らせとお勧め »
最近の画像もっと見る

169 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (senrigan)
2015-12-10 01:15:52
自意識の過剰、私はなぜこの不恰好な私なのだろう。あのかっこいいA君ではないのだろうか。またこうも思った。恐ろしい悲惨な病のB君が可哀想、私でなくて良かった。しかし私がB君であったかもしれないと想像すると戦慄を覚えた。幸運と不運の確率的現実化が恐ろしかった。
Unknown (東京極大路)
2015-12-10 03:24:15
若いころは死などの事象とかけ離れた位置いれば、それは無関係なものであり、私にとっては重要ではないと考える。ゆえに死も老いも病もシッダールタには感化しなかった。しかし一方老いていれば、死や病はあまりに自己との距離が近く、もはや対象化することができない。シッダールタはこの若者と老人とのあいだ。つまり無関心ではありえず、また癒着もしていない。この距離でこそ、人は否定性を感じる。これはこれで、あれはあれで、これとあれは違う。ということだ。ヘーゲルの振動、ドゥルーズの生成、これらの概念もシッダールタの問題化へのプロセスと相似なのではないだろうか。
Unknown (Unknown)
2015-12-10 12:03:32
 最近、釈尊がなぜ出家されたか、ということについて考えていました。もちろん今回南さんが書かれていることが大きいと思うのですが、それだけではないと思うのです。
 当時のインドは貨幣制度が開始されたばかり、バラモン支配からクシャトリアの時代へと、支配権が移動していっている時代です。そして、古い伝統を持つ小国の釈迦国は新興で新しい大国マガダ国とコーサラ国の間で、半植民地状態。それでもクシャトリアとして裕福な育ち方をした釈尊も、時代の変わり目の中で、決して安定した身分ではないことをご存知だったのだと思います。現に釈尊存命中に釈迦国は滅亡しています。正直、国を継ぐことはとてつもなく大きなリスクだったと思います。
 外界に殆ど接してない生活をしておられた釈尊は「四門出遊」の際、外の世界がどれほどハードなものなのか、初めてご覧になった。刹那的な豊かさの中で過ごしておられた釈尊は、この不安定の時世の状況で、自分が守るべき国民の苦しさを見て、ご自分の生活が大きな犠牲の上に成り立っていることをリアルに知ったのだと思います。そして、跡継ぎ(羅睺羅)の誕生を見届け責任を果たし、あえて、ご自分一人のリスクに限定した環境に身を置かれる決心をされた。多少、逃げるような気分もあったのかもしれません。そして、実存について悩み抜いた釈尊は2500年後にまで影響を与える思想を創り上げた。
 今の時代は、2500年前のインド以上に大きな変革の前にある時代だと思います。グローバル化が急速に進み、先が見通せません。今の日本は、正に釈迦国と同じ状態と言えるのかもしれません。
 釈尊の思想は今の時代にフィットさせ、活用することが可能な思想です。今、私たちは豊かな日本に住み、誰でも多くの思想にアクセスする自由があります。いつまで、今の状況が保てるのでしょうか。とりあえず今は、未来を創るために釈尊の法を活用したい、と願っています。
Unknown (Unknown)
2015-12-10 21:11:36
まあいいや。するってえと、明けの明星はなんだったてんだ。
Unknown (Unknown)
2015-12-10 22:23:20
 釈尊の法(主に禅仏教)に影響を受け生まれた欧米のカウンターカルチャーの中心にいた若者たちは、IT革命を起こした。そして、世界は本当に変わってしまった。其れ程、釈尊の法は自由に溢れているのだ。
 しかし、その自由は巨大資本の影響を受け、資本主義の自由競争に形を変えてしまった。その影響は今、日本にも影を落としている。「日本語」という防波堤で守られた繊細な日本文化。争わないことを基本とし、バランス感覚で世界を受け止める私たち。今、その防波堤は少しずつ崩れ始めている。
 防波堤が無くなっても、私たちは法の神髄を忘れてはならない。私たちの文化の隅々まで、仏教の精神は息づいている。
 釈尊は全てに対して一切のサンスカーラの無い感覚を得られ、明けの明星をご覧になった。きっと釈尊は「争わない感覚」を、全ての人が持つことのできる状況を、夢見ておられたのでは、ないか。
Unknown (senrigan)
2015-12-10 23:57:29
記憶が定かではないが、道元の言葉で修行のすすめを述べたものがあった。それは、人は皆今にも燃え出しそうなカラカラの薪の上にいるのに、ほとんどの人はそれに気付いてなく、平気でいるという趣旨のものだったと思う。この自覚のなさが無明に繋がるのだろうか。気付いたら修行を始めるのに猶予はないということだろうと解釈している。
Unknown (Unknown)
2015-12-11 04:04:26
修行は何だと解釈してんだ。
解釈か。余裕だな。
Unknown (慈8気流)
2015-12-11 04:20:46
釈迦の「争わない感覚」を実践したインドのマハトマ・ガンジーは一方では次の様にも言っています
(出典;ウィキペディア)。

「私の信念によると、もし、臆病と暴力のうちどちらかを選ばなければならないとするば、私はむしろ暴力を勧めるだろう。インドが意気地なしで辱めに甘んじて、その名誉ある伝統を捨てるよりも、私はインドが武器をとってでも自分の名誉を守る事を望んでいる」・・・。

「ヒトラーは500万人のユダヤ人を殺した。これは我々の時代において最大の犯罪だ。しかしユダヤ人は、自らを屠殺人のナイフの下に差し出したのだ。
彼らは崖から海に身投げすべきだった。英雄的な行為と成っただろうに・・・」

mmmmm、中国共産党軍国主義国(遅れてきた帝国主義者)に対してニッポンの仏教徒としてはどう対峙すべきなのか???
「苦はあちらからやって来る・・」
Unknown (Unknown)
2015-12-11 04:25:25
何の目的も持たず、修行に打ち込め。道元禅師はそうおっしゃる。とりあえず、そうしてみる。
真剣に打ち込めば、何か見えてくる。サンスカーラが削ぎ落とされた眼で。そうなれば、必然的に行動しなくては、と思うだろう。何かしら良きことのために。現実の中で良き道を生きるのが、大乗の徒なのだから。
Unknown (慈8気流)
2015-12-11 04:34:32
釈迦は死ぬ気で本気に修行した。

「争わない感覚」が事を成就する為には
死ぬ覚悟で本気に行動する・・・が仏教者
の責務なのかも知れません。

さもなければガンジーから「臆病者」とそしられても仕方がない・・・のかと。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事