かもめ見聞録

奇跡の炎上大王バーンをなま暖かく見守っていた、千葉ロッテ応援日記。

な阪関無

2020-11-24 00:00:01 | 千葉ロッテ
ソフトバンクが巨人圧倒で…日本シリーズの語り草、ファンの間でささやかれる「33-4」とは 【西日本スポーツ】

 プロ野球の日本一を決める日本シリーズは22日、京セラドーム大阪で行われた第2戦でソフトバンクが巨人に13-2で大勝し、2連勝を飾った。
 ソフトバンクは2018年の第3戦から続けているシリーズの連勝記録を10に伸ばし、巨人は13年の第7戦から7連敗となった。23日は移動日で試合がなく、第3戦は24日にソフトバンクの本拠地ペイペイドームで行われる。

 第1戦も5-1だったが、第2戦はそれも上回る一方的な展開。SNSなどネットで散見されるのが「これじゃ本当に33-4を超えちゃうよ」「33-4まであと○○」といった投稿、コメントだ。
 「33-4」の意味するところは、2005年日本シリーズの合計スコア。レギュラーシーズン2位からプレーオフを制してパ・リーグで優勝、日本シリーズへ進出したロッテが4勝0敗で、セ・リーグ独走Vの阪神(当時のセはプレーオフ制度がなかった)を「スイープ」している。

 第1戦が10-1。7回裏途中、濃霧コールドの珍事もインパクトを強めた。第2戦が10-0、第3戦も10-1。第4戦こそ3-2と競ったが、阪神はこのシリーズで一度もリードを奪うことなく敗退した。「33-4」はあまりにも一方的だったシリーズを表す“記号”なのだ。

 ソフトバンクが巨人に4連勝した昨年のスコアを合計してみると「23-10」。勝敗と同じだけの差はなかったのかもしれない。今回は第2戦を終え「18-3」とあっては、悲観的な声が出るのも致し方ないか。ソフトバンクの強さが際立つが、セのファンにはこのまま終わってはたまらないという思いもあるはず。もちろん、このまま巨人も黙ってはいないだろう。[了]


対戦チームが、阪神もロッテも全く関係ないのに、こんな記事が出るとはww
(2010年の時ならまだしも)

いや、そりゃあ、私めもちらっとそれっぽいコトは言いましたけどね(;^_^A

まぁ、でも、パ贔屓な私めとしましては。
そして、反兎を公言してはばからない私めとしましては、実際それくらいの大差で鷹さんに勝ってもらいたいという気持ちはありますね(≧▽≦)

さて、本題(≧▽≦)


ロッテ・沢村メジャー挑戦へ 中大時代からの夢 海外FA権を行使 【デイリースポーツ】

 ロッテ・沢村拓一投手(32)が今オフ、海外FA権を行使することが22日、明らかになった。これにより日本を代表する豪腕が、米大リーグ移籍へ向けて動き始めることが決定的となった。
 大きな決断を下した。中大時代からメジャーに挑戦する夢を抱いてきた。プロ入り後も、その意思は全く変わらなかった。15日のCS敗退後、沢村は「終わったばかりなので、これからゆっくり考えます」と語ったが、海外FA権を行使する決意を固めた。

 巨人では不振を極めたが、今季途中9月にロッテにトレード移籍後、新境地を切り開いた。勝利の方程式の一角を担い、ロッテの4年ぶりCS進出に貢献。今年10月に海外FA権の資格取得条件を満たし、メジャーからも注目を集めた。すでに複数の球団が沢村に興味を持っているという米報道もある。

 ロッテ・河合克美オーナー代行兼球団社長は、17日に沢村について「チームとしての希望は、ぜひ残留して、引き続きチームの一員として頑張っていただきたい」と残留を熱望した。だが右腕が夢を実現させたい思いは強いとみられる。沢村が正式に海外FA権を行使すれば、大リーグ球団による争奪戦に発展しそうだ。[了]


今年のサワムラーの出来なら、メジャーも手を挙げるでしょう(*´ω`*)
サワムラーに対しては、



短い間だったケド、かもめ~ずに来てくれてありがとう!!(≧▽≦)



メジャーで、もうひと花咲かせてください(*´ω`)
という気持ちですね。
サワムラーのおかげで、離脱したハーマンの穴を埋められましたし、優勝争いもできたワケですので(*'ω'*)
感謝しかないですよ(*´ω`)

もし、メジャーからまた日本球界に復帰することがあるんなら、またかもめ~ずに帰ってきてもらいたいですね。
(兎団ではなく)←重要


コメント   この記事についてブログを書く
« 日シリは想定通り進行中 | トップ | 蹂躙しっぱなし »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

千葉ロッテ」カテゴリの最新記事