新古今和歌集の部屋

新古今和歌集 真名序 読み下し文

真名序読み下し文

 それ和歌は、群徳の祖、百福の宗なり。玄象天成り、五際六情の義未だ著れず、素鵞の地静かに、三十一字の詠はじめて興る。しかしてより、源流まことに繁く、長短異なりといえども、或は下情を抒べて聞に達し、或は上徳を宣べて化を致し、或は遊宴につらなり懐を書し、或は艶色を採りて言を寄す。誠にこれ理世撫民の鴻徽、賞心楽事の亀鑑なる者なり。

ここを以て聖代の明時、集めてこれを録す。おのおの精微を窮む。何を以てか漏脱せむ。

然れども猶崑嶺の玉、これを採れども余りあり。林の材、これを伐れども尽くることなし。物既にかくの如し。歌もまた宜しく然るべし。

よりて、参議右衛門督源朝臣通具、大蔵卿藤原朝臣有家、左近衛権少将藤原朝臣定家、前上総介藤原朝臣家隆、左近衛権少将藤原朝臣雅経らに詔して、貴賤高下を択ばず、錦句玉章を拾はしむ。神明の詞、仏陀の作、希夷を表さむ為に、雑えて同くしるせり。曩昔より始めて、当時に迄るまで。かれこれ総べ編みて、おのおの呈進せしむ。玄圃花芳しきの朝、鎖砌風涼しき夕に至るごとに、難波津の遺流をくみ、淺香山の芳躅を尋ね、或は吟じ或は詠じて、犀象の牙角を抜き、党無く偏無くして、翡翠の羽毛を採れり。裁成して二千首を得、類聚して二十巻と為す。名づけて新古今和歌集と曰う。時令節物の篇、四序をつけて星のごとくつらなり、衆作雑詠の什、群品を並べて雲のごとく布けり。綜緝のむね、けだしここに備へり。

伏して惟んみるに、代邸より来りて、天子の位を踐み、漢宮を謝して。汾陽の蹤を追い。今上陛下の厳親なり。帝道の諮詢に隙無しといえども、日域朝廷の本主なり。いかでか我が国の習俗を賞せざらむ。

方今せん宰体を合はせ、華夷仁を詠ず。風化の万春を楽しみ、春日野の草悉く靡びき、月宴の千秋を契り、秋津洲の塵これ静かなり。誠に無為有截の時にあたり、染毫操牋の志を題す【やしなう】【顕す】べし。故に斯に一集を撰び、永く百王に伝えむと欲す。

かの上古の萬葉集は、けだしこれ和歌の源なり。編次の起り、因准の儀、星序これ遙かにして、煙爵披き難し。延喜に古今集有り。四人含みて綸命をこれを成しき。天暦に後撰集有り。五人綸【絲】言を奉じてこれを成しき。その後、拾遺、後拾遺、金葉、詞花、千載等の集有り。聖主【王】数代の勅に出づといえども、殊に恨むらくは撰者一身の最と為す。これに因りて延喜天暦二朝の遺美訪いて、法河歩虚五輩の英豪を定め、神仙の居を排きて、刊修のむしろを展ぶるのみ。

この集の体たるや、先ず萬葉集の中を抽き、更に七代集の外を拾う。深く索めて微長も遺すこと無く、広く求めて片善も必ず挙げたり。但し、網を山野に張るといえども、微禽自らに逃れ、筌を江湖に連ぬといえども、小鱗ひそかに漏る。誠に視聴の達らざるに当りて、定めて篇章の猶も遺れること有らむ。今は只随採得せるに随いて、しばらく勒し終る所なり。

そもそも古今においては、当代の御製を載せず。後撰より初めてその時の天章を加へたり。各一部を考ふるに、十篇に満たず。しかるに今入るる所の自詠は、已に三十首に余れり。六義若し相兼ねば、一両に足るべしといえども、風骨の絶妙無きに依りて、還りて露詞の多く加われること有らむ。偏に道に耽るの思いを以て、多情の眼を顧みず。

おおよそ、その取捨せるは、嘉尚の余り、特に冲襟を運らせり。伏羲皇徳を基して四十万年。異域自ら聖造の書史を観るといえども、神武帝功を開きて八十二代、当朝未だ叡策の撰集を聴かず。定めて知りぬ、天下の都人士女、斯道の逢うに遇えるを謳歌せむことを。

独り仙洞無何の郷、嘲風弄月の興有るを記すのみならず、また皇家元久の歳、故きを温ねて新しきを知るの心有るを呈さむと欲す。修撰の趣、ここに在らざらむや。

干時聖暦乙丑王春三月しか云う。

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「新古今和歌集」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事