散歩道で自然観察

自宅周辺の散歩道で出会った動物、野鳥、植物の写真を撮っています。

BORG CANON用AFユニット再び・・・

2018年09月26日 | 機材

雨も降っており、機材ネタとなりました。

興味のない方はスルーしてください

「BORG77EDⅡ」に、自作セミAFユニットを付けたものです

おおむね570mm相当になります。

CANONの純正レンズを改造したものです。

以前、ホームページで制作方法を公開したものです。が、

露出モードは「M」か「A」で、F3.5(実際はテレコンかましているのでF6くらい)

今回は中が見えないのですがCANON/EMDを絞り羽を取り外し、

鏡筒内壁面に移設してエラー回避装置としました。

EMDを生かしてすべてのモードでエラーが回避できます。

すべてのモードで試してみましたが、問題なく使えました。

また、F3.5と固定していますが、このためテレコンをかましてもほぼすべてのAFモードが使えます。

ただし、露出補正で「-3」から「-5」くらいに設定しておく必要があります。

たぶん、改造経験者ならこの程度のヒントで理解していただけると思います。

何よりもAF速度と精度に満足しております。

PENTAXが壊れてしまったのでCANONに戻って復活しました。

24日の虫やキビタキはこのセットで撮りました。

ただ、工作好きなマニアにはお勧めできますが、

先にも書いた通りビギナーにはBORGや、AF改造はお勧めしていません・・・。


老後の選択

2018年06月30日 | 機材

散歩で生き物をスナップするのに「BORG」は最良の機材でした。

しかし、気力、体力などすべてが充実している時期には正解だったと思います。

今は、自分の技量に頼らずネイチャーフォトが楽しめればと思います。

私の個人的なチョイスでは、CANON/7DMARKⅡ+EF400mmF5.6LUSMで、とても使いやすいです。

はっきり言って、画質はBORGかな・・・ともおもいます、が楽しめるか?は問題です。

何を目的にするのか?によりますが、

撮り損ねがないことが私の望みです。

十年前はBORGはマニアックでこれを使うことが、ちょっと自慢な時もありました。

ブームになってBORGも各パーツが非常に高価になりました。

素材もカーボン等になって自作、改造の幅もなくなりました。

自分に最適な機材は何かを見極めるのは難しい。

 


タイマー改造

2018年05月28日 | 機材

今日は月と木星の接近が見える予定でした。

そのためにCANON  TC80N3がPANA/LUMIXでも使えるように改造しました

中継プラグ内に抵抗を三個はんだ付け

PANA/LUMIXは抵抗値の変化でAF、シャッターが切れる

むっちゃ面倒くさい

これで、CANON Kiss系、PENTAX、LUMIX

そして 7D系のすべてに優れモノのタイマー「TC80N3」が使えるようになりました。

しかし、今日は暑い雲で星空は見えません。


ようやく機材を改良する

2018年05月04日 | 機材

以前から写真を撮る合間にちょっとした目の移動で双眼鏡を覗ければと思っていました。

ようやくADを作ってみました

市販のものでは自分の望む位置にはならなかったので作ってみました。

 

 

 


説明不足でした!

2018年01月23日 | 機材

先の記事でCANONとPENTAXはリモートプラグの形状が同じで共有できると書きました。

http://blog.goo.ne.jp/jijicchi/e/63a471cb8483ad17007a321bec96aba6

CANONのインターバルタイマ「TC-80N3」はもともとCANON特有の3Pプラグです。

これは「EOS 7D」などのリモートプラグです。Kissや60D、70Dなどは3Pのミニプラグとなっています。

ホームページ時代から見ていただいている方は理解されていると思いますが、プラグを交換改造していました。

現在は中継ミニプラグを入れて、交換することでどちらのプラグでも使用できるようにしてあります。

しかし、7DはPENTAX/K3購入時に下取りに出してしまいました。

現在は、PENTAXとEOS60Dで使用しています。