そよ風の向こうに~

横浜市自死遺族の集い「そよ風」に参加していましたが、2013年4月にセルフヘルプグループを設立して月1回語り合っています

開催日(詳細はclickしてご覧下さい)

あきれた精神科医

2014-05-20 23:00:41 | 精神科医療
こんな記事があるよと教えてもらいました。→砕かれた教師の倫理

「日の丸・君が代」強制に従わなかったことで処分された東京都の教職員66人が、処分取り消しなどを求めた裁判があった。その裁判で原告側証人として精神科医で当時関西学院大学教授であった野田正彰が証言した。

野田は原告13人への面接等をした。その結果の鑑定意見書に基づいて「日の丸・君が代」の強制で原告が受けた精神的苦痛について証言したのだ。

野田は強制されたことにより「教師としての職業倫理」が打ち砕かれているとし、「家族や自分の命を失うのと同じぐらいの喪失」だと説明したとある。

こんなことを平然と言える精神科医とは、その程度のものなのだろう。

その昔、命をかけて踏み絵を踏まなかったキリスタンとは訳が違うのだ。
そこに命がけのやり取りはない。

確かに「職業倫理」は打ち砕かれ喪失感はあったかもない。
しかし、それを失くしてもいない命と同じに扱ってほしくはない。「同じくらいの喪失感」などと軽々しく言ってほしくありません。

精神科医の質は悪いと思っていたが、ろくなのがいない。


Comment

言われたくない言葉

2013-03-06 19:13:21 | 精神科医療
いつまで思っても死んだ人は生き返りませんよ

いつまでも泣いている顔を見たら亡くなった人は何と思うか?悲しんでますよ


こんな言葉、聞きたくない!

言われたくない!

これは自分で自分自身に言う言葉。他人に言う言葉ではない。

精神科医や心理カウンセラーから言われた。

専門家が何故、人の心を抉り取るような言葉を吐く?

これが医療なの?

私は馬鹿でも呆けてもいない。

死んだ人が生き返らないのは知っている。知らないとでも思っているのか?
知っているから、苦しいのだ。

亡くなった人が悲しんでいる?
あの世に行って会って来たわけでもないのに、何故そう言う?
そんなに思っていてくれて、ありがとう、嬉しいって喜んでいるかもしれないのに。

当たり前の事を言うな。自分の想像を押し付けるな。

Comment