嗚呼~!しらき

眠らない街、東京日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

腐っても生クリーム

2007年04月11日 10時59分41秒 | Weblog
普段、滅多なことじゃ病気しない健康そのものの私。風邪なんかもほとんどひかない。
しかし、歳も30を過ぎれば変わってくるものですね。

先日、10年ぶりぐらい、ほんとに久しぶりに熱をだした。

風邪ではなく、食中毒・・・。

微妙な食べ物を食べすぎて何にあたったのかいまいち確信をもてないのだが、こんな私にしたのは・・・私を・・・こんな女にしたのは、たぶん生クリームであろう。
封をあけてからかなり日が経っていたけれど、火を通せば大丈夫
私はそう信じて、ポタージュスープを作った。

味見の段階で変な風味がするとは思っていた。
あまりの変な風味に私は一口食べて「ふぅっふぅっ」と思わず鼻で笑ってしまったくらいだ。

今思えばあの反応は私の体がSOSをだしていたのだろう・・・。

そこでやめておけばよかったのに、この不思議な風味に気をとられ

「この風味、何かに似ている・・・。」

と、私のソムリエ心をくすぐられて、結局全部食べてしまった。(結局、何に似ていたのかはわからなかった。)

するとしばらくして、私の上から下からポタージュがとまらない。

体から溢れ出すポタージュをただ、ただ、みつめながら私は子供の頃を思い出していた。

ある夏の暑い日。
弟と二人で前日に叔母さんが作ってくれた中華風スープの残りを飲んでいた。

私「このスープ酸味が効いていておいしいね~。

弟「うん!昨日のスープと味が全然ちがうね!おばちゃんがまた違うの作ってくれたのかな~

なんてことをいいながら二人で食べた。おいしく食べた。気付かずに食べた。
腐って味が変わってしまった残り物のスープを・・・。

あのときとは違い今では腐ったものを食べると体が一人前に反応するようになったみたいだ。敏感な胃袋になりおって・・・。鈍感な胃袋よ、帰ってこーーい!!

その後、我慢できずに病院に行くと

「生クリームねぇ~。あら、まあ。笑。」

と医者に半笑いで言われ、

「胃袋だけじゃなく心も鈍感になりたい・・・。」

そう、心でつぶやいた30の夜であった。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« お詫び | トップ | 若くみられたい!! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nobu)
2007-04-11 14:45:51
今度、ご飯連れてってあげるから、、、

無理しちゃだめよ。
Unknown (ギッチョ)
2007-04-11 15:00:56
自分はまだ鈍感な胃袋を持ってるようで今の所大丈夫です(笑)

治って良かったですね!!
Unknown (ムコ殿)
2007-04-11 19:06:05
このお下劣な表現のせいで、大好物のポタージュが飲めなくなりそう…。
Unknown (嗚呼!しらき)
2007-04-12 09:42:18
>nobuさん
ありがとうございます。先日はご迷惑をおかけしてすいませんでした。またよろしくお願いします。

>ギッチョさん
なんとか治りましたよ~私も鈍感な胃袋なはずなんだけどなぁ・・・。なので、ギッチョさんも気をつけてくださいね。

>ムコ殿さん
いつもすいませんね。笑。私も当分は大好きなポタージュを飲めそうにありません
鈍感じゃなくて (Mr.kojicorner)
2007-04-12 16:22:40
丈夫な胃じゃないの? 腐ったものを食べても下さない胃。

私は胃を強くするためにたまに腐ったものを食べます。←うそ!

ただの貧乏性(^o^)!
Unknown (嗚呼!しらき)
2007-04-16 04:20:48
>Mr.kojicornerさん
そうですね。丈夫の間違いでした。笑。
私もかなりの貧乏性なんですよ。食べ物に当たってから家にあるものの賞味期限を調べたらほとんどが切れていました・・・。でも「消費期限じゃないから大丈夫だ」と思った私はまだ懲りてないみたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事