ゆっくり歩こ。

映画を観る幸せ。
生活の中のいろいろ。

人生、ゆっくりしっかりと歩いていこう。





「湯を沸かすほどの熱い愛」

2016-10-31 | 映画館で♪





こちら地方では上映予定がないようなので群馬まで 


ステージⅣ、余命2ヶ月  突然言われた母ちゃん
この母の熱い愛のお話、というところでもう観に行く と決めました


娘がいじめに遭い、ダンナは蒸発して経営していた銭湯は休業中

この蒸発ダンナがとんでもないやつで
テキトーだし頼りないし ・・・なんだけど、
それよりも娘たちにいろいろと起きて・・大変!


問題が起きるたび、お母ちゃんは熱い愛で対処するのです


・・・ 泣きましたね~~~ 
ところどころで号泣でした 。。。



赤い色が一番好きなお母ちゃん

強くてどんな逆境にもくじけない!

だけども。。。
そんなお母ちゃんにも 。。。  



今年一番泣いた映画です 







コメント

「スター・トレック BEYOND」

2016-10-31 | 映画館で♪





観ようか・・ 観なくてもいいか・・・ そんなところだったのですが
けっこう評価良いので行ってみました


スター・トレックに思い入れはないし、日頃の疲れもあって・・・
最初から中盤前まではウトウト眠気との戦い(^^;)


しかーし! 悪いやつのいる惑星に落ちて→白い顔の女の人が出てきたあたりから目が覚めた
この人が上手いこと英語が堪能で
まー都合よく作ってあるに・・・ なんて思いながら観てましたが、
これにはちゃんとした訳があり
それがまたアレで・・・  終盤へと続くわけですが
上手くできてますね


落ちた惑星に人々(住んでる民というか)が少ないな~と思ってたのですが
この辺も納得

そうかー なるほどねぇ、な作りでした



カーク船長、クルー達の頭の回転の速さったら!
瞬時に解析して判断、的確・冷静に対処する
映画の進み具合の早さと合わさってぐんぐん引き込まれます




アントン・イェルチン 亡くなってしまいましたね
好きな俳優さんだったんだけどな


エンドロール前にもう1人、名前が出てましたね
この方も亡くなられたのかな・・・?





スター・トレックの往年のファンには楽しめるシーンもあったようで(写真のシーンとか)
私は詳しくないのでへ~、くらいでしたが
全体的にユーモアのある作りが楽しかったです
もちろんアクションも!













コメント

「何者」

2016-10-20 | 映画館で♪





就活   ちょうどウチの息子も経験しました
映画を観ながら・・・  面接はあんな風に受けたのかな? とか
就活中はすごい忙しそうで大変そうだったな・・・ とか
親目線でいろいろ思い出してました



映画の中でTwitterがちょくちょく出てくるのですが
若い世代の使い方ってこういう感じなんか~ と

私は以前、Twitterをやって→やめて→今再びやっている 状態なのですが
知り合いのアカウントを見に行くってのは全くないので
映画のような使い方だとストレスたまるだろうなー・・・と思いました



仲間の中に内定が決まる

焦りや嫉妬が渦巻いてくる
そんな感情を隠してまたひたすら頑張る


私は就活を経験したことはないのですが
きっとものすごくリアルに描かれているんだろうな~と思いました



冷静に、客観的に分析する主人公

そういうのも大事じゃないの
なぜうまくいかないんだろう? と思っていたらば、・・・・・
ん~~~。。 と泣かせるシーンがありました


「何者」という物語が直木賞をとったのはここにあるのかな



予告を観ているときから気になっていたのは中田ヤスタカの主題歌

おばちゃんの耳にも残る映像とマッチした印象的な音楽

次回の関ジャムに出るとのことなので観てみようと思います!










コメント

「聲の形」

2016-10-12 | 映画館で♪





なぜという字なんだろう?と思いました

そっか、「声と手と耳が組み合わさってできている」「気持ちを伝える方法は声だけじゃない」というところからなんですね



私は「君の名は。」より泣けました
も~ところどころでぽろぽろと涙が出てきて。。。
ぶわ~っと泣きましたよ



聴覚障害のある女の子の話が本題なのかと思っていたのですが(もちろんそうなんですが)
これは。。。  人間関係に深く傷つき苦しんだ・・・葛藤の物語なんですね

観ていて涙がどんどん出てきたのは
何か言い表せないような心の奥底からの感情に自分の気持ちが反応したからだと思います

悪いことをした相手への心からのごめんなさいであったり
顔から×がとれる瞬間であったり




登場人物の中で気になった人がいます
メガネかけてるしっかり者の川井さん
親切でいい人なんだけど・・・ 意地悪はしてないんだけれど・・・ 
責められると反応が過剰
あんたねぇー と思ってしまうけれど・・・
川井さんを非難できない自分がいます



石田くんが抱える自責の念
“俺が悪いんだから”という気持ち

ここにも心動かされるものがありました




「聲の形」  忘れられない映画になりそうです








コメント   トラックバック (2)

「SCOOP!」

2016-10-06 | 映画館で♪





まず始まりは喘ぎ声からです
いきなり福山雅治のエッチなシーンからです!


今回の映画ではかなりイメージ変えているってことで
ある程度は何となくわかっていたような・・・だったけど
こりゃかなりなんだな~ と



私は福山雅治、特にすごく好きではないので
この映画も今までの福山さん出演作と同じように観ました

「バクマン。」の監督さんってことで良いのでは? と期待しつつの鑑賞


吉田羊演じる定子さんがデキる女ですねー
仕事もできる気配りもできる
元夫(籍は入れてない)をさり気なく心配し、野火との関係も広~い心を持って見守る!

どうやったらあんな強い人になれるのだろう。。 と思った



チャラ源役のリリー・フランキーさん  ま~上手いですね
危ない人物を狂ったように演じてます
そしてこの人も強かったりする



馬場役の滝藤賢一さんも脇役としてはピカイチだし
脇は完璧に固められています



ん~なんだろうなぁ

都城静と野火のね、恋愛が・・・  入り込めなかったというか・・・
年が離れているせい??
世代が違いすぎる感じがいけなかったのか?

都城静がちゃらんぽらんの遊び人だからってのもあるのかな



たまにはこういう映画も良いかもしれないです

評価低いみたいだけどそんなに悪くないですよ



コメント