ゆっくり歩こ。

映画を観る幸せ。
生活の中のいろいろ。

人生、ゆっくりしっかりと歩いていこう。





「推理作家ポー 最期の5日間」

2013-04-25 | DVD





ぜんぜん期待せずに観ました
けっこう面白かったです


犯人はいったいどんなヤツなのか? をずーっと観ていて・・・

ラストに行き着いて、また最初っから観直しました  あ~(なるほど)って




ポーが結婚を決意している女性、エミリー

このエミリーが・・・ 閉じ込められてるシーン、私は悶絶モノでした
ぜーったい耐えられないぃぃぃ~~~ 。。。。 





事件を追う若手刑事役の俳優さん
調べてみたら・・・ 「ホビット」で弓の達人をやるんですね~
楽しみ~




ジョン・キューザックは好きではありませんが、なかなかよかった気がします



コメント   トラックバック (1)

「フランケンウィニー」

2013-04-25 | DVD




ティム・バートンお得意のホラー感いっぱい!ストップモーション・アニメ

どの登場人物もま~具合悪そー ですよね

どーも好きではないんだが、・・・
でも観ちゃう!んですよね




死んでしまった者(生き物)を生き返らせるってことは・・・
良いのか悪いのか?
なんて事も途中、考えたりしましたが
そこまで深く考えなくてもよかったんだ~  ってのが最後でわかりました





しかしホントよく作ってありますね~
どんだけ地道に努力してんだよ って 





コメント   トラックバック (1)

「リンカーン」

2013-04-21 | 映画館で♪




ダニエル・デイ=ルイス
この俳優さんの存在は8年ほど前にある映画好きさんから教えてもらいました
「ラスト・オブ・モヒカン」がとても良い、ということで観てみたのですが・・・
私は (∂_∂?)ハテ? どこが良いのかよくわからず

何でも“男がシビれる”映画のようです
すごくカッコいい! んだそう


で、それからこの俳優さんの名前が出るたびに注目~

演技に定評がある俳優、一時期俳優をやめて靴屋になるために修行をしていた、なんてのを聞いたりするとますます興味が湧いてくる




「リンカーン」はまさに ダニエル・デイ=ルイスを観る作品
役になりきるためにものすごい努力をするそうですが、素晴らしいです


奴隷制度を変えるという内容のため、政治の世界(議会)が多く映し出されますが
正直・・・ 意味不明な言葉のやり取りばっかで全部理解はできませんでした
が、リンカーン大統領のしようとしている事はとってもよくわかる!

採決はどうなるのか・・・
ハラハラもんでした




トミー・リー・ジョーンズのラストのくだりは・・・ 泣けました~。。。
味方なのか敵なのか・・・? よくわからない人物であるだけにこのシーンは 




リンカーン大統領は実際に末っ子を心底可愛がっていたパパでもあったのでしょーか

何か言葉を発する時の物静かな感じがとても好印象でした


人物像を詳しく知ってみたいです~











コメント

「あなたへ」

2013-04-18 | DVD




イーストウッドのDVDの後は「あなたへ」
こちらは高倉健さん
どちらも昔っからシブい演技するオーラばんばん!の俳優さんってことで
日米、年とっても変わらぬ演技をしている姿を続けて観れました




私、この作品もイマイチかな~と思っておりました

なんの! こちらもしみじみ。。。感動できましたよ



予告を観ているときは
高倉健と田中裕子の夫婦がいま一つ親密でないよーな気がして・・・

実際映画を観てみたらぜんぜん違ってました
仲良しの夫婦だったんですね~




健さんってことで脇を固める俳優陣もそうそうたるメンバーです
ちょぃ役にもスゴい人使ってる!

大滝秀治さんなんてスゴ過ぎて・・・
仙人みたいな漁師のおじぃさんでした



そんな中、とってもいいな と思ったのが草
コメント

「人生の特等席」

2013-04-18 | DVD




ガンコ者のクソじじぃな感じがとっても似合うイーストウッド
短気ですぐキレる父親を演じてました  上手いですよね~


イーストウッドさんは普段は物静かで常に落ち着いている雰囲気を持っているのですが
(喋り方が静かなだけ?かしら)
演じると・・・ パワーのある顔、というか

シブいんですよね~
放たれる何かが、オーラが重厚 というか





このお話、イマイチかな~ なんて思っておりました

ガスと娘のミッキーが押さなかった選手が1位指名され・・・
その辺からの展開がよかった!

ピーナッツ売りのお兄ちゃんが前半に出てきたときは「おっ?何かあるな」と予想ついたりしてましたが
もってき方がとても良かった



しみじみ。。。 感動できる作品でした




コメント   トラックバック (1)

「舟を編む」

2013-04-14 | 映画館で♪




家に帰ってすぐ、岩波の国語辞典で調べました “右”

おぉ~~~! ホントに書いてあるぅぅ~





馬締光也という大変まじめな青年が辞書を作るお話

この真面目で不器用な感じに・・・ 笑いました
思わずクスクスしてしまった




辞書って・・・ 作るの大変なんですね~

松本先生がステキでしたね~
ここまで辞書に人生を捧げられるとは!

年とっていても探究心旺盛
恋に落ちた馬締くんをあたたかく見守ってくれたり




まーくん、西岡正志のオダジョーがこれまたグ~だった
口は達者、チャラチャラしたあの感じ





王様のブランチで松田龍平が「監督の演技指導が細かくて・・・」と言ってましたが
その演技指導の賜物でしょうか、何だかとっても良い仕上がりになってましたよ~





配役がすっごく良かったですね
もう全員、ぴったんこ! で

渡辺美佐子さん、八千草薫さんは素晴らしい~~  ですね


どの登場人物もうわぁ~上手い~~  って感じで大満足な気持ちです


猫のトラさんがこれまたイイ演技してました



コメント   トラックバック (8)

「声をかくす人」

2013-04-12 | DVD




リンカーン大統領の暗殺事件をめぐっての歴史映画ってことで
このところこの時代の描かれた映像を頻繁に見ていたせいか、何となく毛嫌いしてました
あーまたか、って


しかし! この映画は違った~ 。。。

あまりにも理不尽な扱いに
正義とは何ぞや? と観ていて熱くなってくる



メアリー・サラットさんというアメリカ合衆国政府によって初めて絞首刑になった女性の物語です

この女性を弁護した若い弁護士フレデリック・エイキン
どうやっても勝てない裁判に怒りを滲ませます

も~エイキン氏に激しく同意~

ヒドすぎるよね・・・ いくらなんでも





大変重い映画でしたが良い作品だと思います


監督、ロバート・レッドフォードなんですね



コメント   トラックバック (1)

「ドリームハウス」

2013-04-12 | DVD




ダニエル・クレイグとレイチェル・ワイズが結婚するきっかけとなった作品ってことで
観ている間中、ふ~ん と思ってました
ラブシーンも何だかリアルに見えてくる




中盤辺りから・・・
「シックス・センス」っぽい感じか? と予想し始め・・・

でもちょっと違ってました



娘たちと妻を愛する夫
住んでいる家で殺人事件があったと知り・・・
以前の住人であり犯人でもある(?)男を見つけ出す



ミステリアスな作りでサスペンスが合ってる男、ダニエル・クレイグってこともあり
けっこうドキドキ観れました



いけなかったのはラスト(誰が犯人か)かな~

いいんですよ、こういう結末で
なんだけど、・・・ ちょっと拍子抜けな感じが 





ま~いいでしょう、ダニエル・クレイグ好きなんで









コメント (4)   トラックバック (4)

「リンカーン/秘密の書」

2013-04-10 | DVD




ま~忙しくって映画が観れてないです


やっと観れたのがこれ

うーーーーん、( ̄~ ̄;)
アバウトな作りでどっかテキトーさ加減が



リンカーン役の俳優さんがココリコの田中に見えて仕方なかったです


リンカーンの奥さん役にはメアリーちゃん

夫婦2人して老けた特殊メイクをしたりしてましたが・・・
この辺もなんちゅうかテキトーっぽく感じられてしまった (∩_∩;)




吸血鬼と南北戦争を掛け合わせたストーリー


変わってるっちゃ変わってるんですが ・・・・・




ちょっと予想してたのと違ってたかな~



コメント (2)   トラックバック (3)

「王になった男」

2013-04-01 | 映画館で♪




いっや~ 感動しましたね
いいっすわ~これ



私はイ・ビョンホンは好きではありません
だけども、王・2人を演じているイ・ビョンホンはいいですねぇ!
グッジョブ って感じです 





暗殺におびえる暴君の王
自分の影武者を捜すように申し付けます

見つかったのは道化師の男

この男が・・・
宮廷内で起こす事が・・・
家来達へ影響し、勢力争いをしている大臣達を巻き込み、 ・・・・




ニセの王として振舞う道化師は
いつしか・・・  本物の王になり。。



王の側に仕える2人のおじさん(何ていう名前だったか忘れた^^ ;)がよかったです~
韓国では名優さんなのかしら




韓国映画によく見られる笑いの箇所もたくさんあります
笑って楽しんで

そして泣かせる。。。 




胸打たれますね~


イイ映画を観ました! 
コメント