ゆっくり歩こ。

映画を観る幸せ。
生活の中のいろいろ。

人生、ゆっくりしっかりと歩いていこう。





「アメイジング・スパイダーマン」

2012-06-30 | 映画館で♪



3Dで飛んできました!  

新しくなったスパイダーマン
旧の方のも好きです
なんつぅか、全体的に誠実感が漂っているというか


ピーターが授かった能力を使って悪をやっつける
普通の高校生が・・ ってところがまず惹かれるのかも
身近な感じがするところがいい



新しいスパイダーマンはこの身近な感じがよりいっそう強まってます
封切前の製作秘話(作品紹介VTR)で“人間味あふれるスパイダーマン”と言ってましたがホントその通り

スパイダーマンはピーター・パーカーなんだなぁ としみじみ感じられます




作り方がちょっと特徴あるというか、緊張感ばかりではなくフッと抜けるシーンが入っていたりして・・・
監督さんは他にどんな作品を作ってるんだろー? と

「(500)日のサマー」の監督さんなんですね  そっか~ ちょっと意外!でした
このスパイダーマンで2作目
まだまだこれからぐいぐい行くのでしょ~か^^






新ヒロイン エマ・ストーン
金髪の美人さんです
声が低くて見かけとは違う感じ

実生活でもピーター役のアンドリュー・ガーフィールドと恋人ってことで
観ていてそんなところを意識しちゃってました

彼女、スタイルいいですね 足、長っっ  モデルさんみたいです






今回、ピーターの両親のことが出てきました
そして次回は・・・ そこへもっと繋がっていきますかね  ?

エンドロールに入って少しすると・・・ 次回作へのシーンが入ります

お見逃しなく!





おもしろかった~ 楽しめました  






コメント

「J・エドガー」

2012-06-29 | DVD



うーーーーーん ・・・・・

これは何が良いのだろー??? 


伝記的な物語であるから?
ディカプリオの演技??



もーつまんなくて・・・ 

途中から流し見してました





あの双子の兄ちゃん(「ソーシャル・ネットワーク」に出てた人)、
特殊メイクが・・・  ヒドすぎる!

いかにも、 って感じでバレバレ過ぎ!

ディカプリオとナオミ・ワッツのはまだ見れました






ん~

つまんなかった ・・・







コメント

「ドラゴン・タトゥーの女」

2012-06-29 | DVD



何となくそんなに期待してなかったせいか、よかったです~
スゴいアクションとかあるわけじゃあないけれど、
リスベットが イイですね

ルーニー・マーラ 「ソーシャル・ネットワーク」で少し出てた時とは違ってまぁ輝いてました
こりゃ素晴らしい

どえらい役を思いっきりやってましたね~
体当たり って感じだったのでは




リスベットに乱暴したおっさん
弱い立場だってことを利用して・・・ 
も~観てて何ともいえないみじめな可哀相さが。。

いたたまれない気持ちでいましたが、 ・・・ 

    ちゃーんとやってくれました

あースッキリした! 





40年前の失踪事件の追い方もスリルあってよかったし
危険な目に遭う・・・ ってところからの終盤 ・・・
これで終わりかな? と思ったらまだまだ続く・・・ で
長~く楽しめました







三部作なんですよね

次も楽しみー  期待してます



コメント (2)   トラックバック (2)

「ソウル・サーファー」

2012-06-26 | 映画館で♪



泣きました 



映画の中で描かれることは全部本当にあったこと

よく演じてます、流れも良いです、サーフィンとかのシーンもとてもいい

そして、
映画よりも・・・ もっともっとスゴいのです。。。 事実は 。。。 

エンドロールは号泣、涙ぽろぽろでした 






よく撮って(作って)ありますね~!!
観ている間中、・・・ どうやって作ったのか? と
そればっかりが頭に浮かぶほど

でも その疑問と並行して・・・
腕を失ったベサニーが復活するまでの道へと心が奪われ・・・



素晴らしいストーリーですネ。。 






サメのシーン ~ 病院までは・・・
涙が出てきました

リアルで。。 母親の祈る気持ちとか。。  もー泣けて泣けて






映画の中のハミルトン一家も素敵でしたが
本物のハミルトン家は。。。  あったかいですね


映画の中の家族そのもの








いや~ 遠くまで観に行った甲斐ありました

先々週、道を間違えたので・・・ 今回はリベンジ!


よかったなぁ~。。。

いい映画だった。。。 



コメント

「ポテチ」

2012-06-23 | 映画館で♪



お隣の県までは来てたのに・・・
上映時間の関係であきらめてたらこっちの映画館にも来ました!

ってことでレイトで鑑賞~




『フィッシュストーリー』 確か読んだことあるよなー? と思いつつも、家に本が無いので・・・
読んだのかどーなのか定かではなく・・・

でも! 映画を観てたらストーリー展開を知ってる自分がいたので読んでますね
(長男が学校の図書館から借りてくれたのだった)




上映時間が短いのは知ってましたが
68分なんですね

すごーく凝縮されてます 上手い具合に





中村監督の作品は大好きなので今回も間違いはなかったですが
監督は演技、ヘタですね~



1番上手だと思ったのは石田えり

ユニークな母ちゃんを本当に自然に演じてました




docomoのCMで気になってた木村文乃ちゃんが出てますね~
声、喋り方が何ともイイです
女の私でさえズキューン ときちゃうほど(笑)






ラストからエンドロールへのスパッと感がたまりません

短いけどよくデキた映画だっ



コメント (2)   トラックバック (2)

「きみはペット」

2012-06-22 | DVD



原作もドラマも知りません

ペットになった年下くんを
ペットのように可愛がる・・・?

もしもいい加減な話だったら許さね~ (何で怒っているのか?^^ ;)なんて思いながら鑑賞





そっか~ なーるほど、・・・

そーいう感じの持ってき方だったらまぁ、 などと分析しつつも・・

これはチャン・グンソクのファンならたまらないんではないでしょーか




あんな風にしてほしい~ と思っちゃいますよね
グンちゃんファンでなくともそう思います (^。^)ウンウン

いいですね~ 一見、いちゃついてるよーに見えるけど、仲良しならではの触れ合い






こんなお話はやっぱり漫画の中だけなんだろなー と思うのですが
ま~こーいうのも良いですかね

気楽に胸キュン☆で観れました 笑えたし^^






グンちゃんのあの髪型、可愛いなぁ

マネしてやってみよーかしら、 なんて思いましたよ~ 









コメント (2)   トラックバック (1)

「私だけのハッピー・エンディング」

2012-06-21 | DVD



ガンで余命わずかと知った主人公にケイト・ハドソン

明るくてエッチな性格を上手に演じてました
いつも冗談ばっかの会話なのでシリアスな物語は・・ どーなるの? と思いましたが
この主人公ならではの人生の終焉。。 で 合ってたと思います





ウーピー・ゴールドバーグ(神)とのやり取りで印象に残った言葉が 。。

「死ぬことが怖いの?」
「そうじゃない」

「誰もが死ぬわ」


「やり残したことがたくさんあるのよ」 ・・・



この 『誰もが死ぬ』 ってところ 。。。



当たり前のことなんだけれども・・・

あー そっかぁ・・・・ と思い、
死ぬまでの時間、 後悔しないように、 心置きなく!  と改めて感じたのでした




会社の同僚でいつも側にいてくれた友達とのやり取りは泣けました

「(私は)いつも自分のことばっかりで・・・ あなたは大丈夫?」と聞く主人公
逝ってしまう者が気遣いを見せる瞬間 。。

残される者だって辛く重い日々を過ごしているのだ

悲しみに耐えて 。。。






公園にいた老夫婦みたいに
いつまでもずーっと一緒にいられたらいいのにね 。。

愛する人と結婚して子供を産んで 。。

願いは叶わない 





重い題材を明るく!
主人公に合わせてハッピーにまとめた作品です





コメント

「フレンズ もののけ島のナキ」

2012-06-19 | DVD



ナキの声、何度聞いても慎吾ちゃんとは思えなーい
ま~ キャラクターと合ってますね、この声!


レビューに「日本版モンスターズインク」なんて書いてあるのを見ましたが
う~んそうですね、確かに似てるとこありますね



コタケちゃんとの触れ合いにちょびっと泣けて
ゴーヤンに笑って
グンジョーとの友情に感動!(少し、ね)

そんな映画です




ちっちゃい子と観るにはいいのかな 





コメント (2)   トラックバック (2)

「サラの鍵」

2012-06-19 | DVD



これ、映画生活のサイトで満足度ランキング上位なんですよね
公開されたときも評価よかったので映画館で観たいな~ と思っていたのですが、 ・・・


その期待が大きすぎたのか・・・ (。・_・)゛ウ-ム

自分としてはものスゴい泣ける話!って勝手に思ってました




私はやっぱり戦争関連のものは苦手です

悲惨さが出ているとなお


この映画の評価が高いのは
ユダヤ人迫害という事実がリアルに物語りに絡められているから? と





一家が捕らえられた日
サラは弟を納戸に隠します

鍵をかけて ・・・・



弟を助け出すために何とか収容所を抜け出そうとするサラ

幼い少女の弟を想う気持ち 。。。



弟は無事なのかなー 。。。  ってのがまず気になって

サラの運命や・・・

現代でサラの足取りを追うジャーナリストの女性の葛藤なども交錯して

サスペンスみたいな心理状況に少しなりつつ観てました








ところで
あのジャーナリストさんはいくつで産んだのかなー??

そこがものすご~く気になってしまった

演じてる女優さんがとても老けて見えたので・・・



コメント   トラックバック (1)

「スノーホワイト」

2012-06-15 | 映画館で♪



戦う白雪姫!

この映画の白雪姫は勇ましいです
勇ましいんだれども、・・ ちゃんとファンタジーのところもあります

戦いの部分には助っ人を投入して  ~

なかなか上手い作り




悪い女王のシャーリーズ・セロンがよかったですね~

悪役を思いっきりやってましたが、やっぱり美しい
そして 演じているのがヒジョーによ~くわかる!(そこがいい!のです)


ただの欲深い女王なのではなく
なぜ魔法を使うようになったのか・・・
その辺のお話が加えられているので味があります





スノーホワイト、 演じたクリステン・スチュワート
この子は演技上手いですね~  私は好きです

流す涙は。。 迫真の感じ

真剣になると目に涙が溜まっているんですよね、何となく
そこがまた真摯、誠実で




スノーホワイトを助ける男や7人+1人の小人達も
物語を盛り立てるように使われていて良いです





妖精の森は乙女な雰囲気でよかったな~

こんな可愛らしい映像もなければ、ね (*^.^*)


ちょっと気に入らなかったのが・・・
妖精がアメリカンだったこと

目の色 かなぁ・・・ ?
ブルーじゃなければよかったのかも ?





正直、あんまし期待してませんでしたが
思っていたより良いデキでした


こーいう白雪姫もいいですなっ













コメント   トラックバック (3)