ゆっくり歩こ。

映画を観る幸せ。
生活の中のいろいろ。

人生、ゆっくりしっかりと歩いていこう。





「魔笛」 他 (DVD)

2008-01-31 | DVD
オペラを映像化してある技術はスゴイのかなぁ・・・ ?
ストーリーは ・・・  うーん
私はめちゃめちゃ不満です。


何かにつけてすぐに“死”を選ぼうとする・・・
そんなコトくらいで死んでどーすんの っつ感じでございました。


主人公が選ばれた意味もよくわからず
(オペラとしての意味がまずわかってないし)
・・・・ 。




その他 レンタルした作品は ・・・

「Is A.」 「魂萌え!」 でした。
どちらもイマひとつ。

コメント

「母べえ」

2008-01-30 | 映画館で♪

戦争が起きた時代 ・・・
この映画のような状況よりも 本当はもっともっと悲惨であったに違いない。
そんなことを思い・・・
オカシナ時代に本当の幸福を信じていた人達の思いを考えてました。



母べえ 頑張ってます
あの時代・・・
母べえの何倍も何十倍も頑張った日本の母達が大勢いたことでしょう。




それにしても。。
理不尽な理由のままに酷い仕打ちを受け・・・
無念で亡くなっていった人が可哀想でなりません。

コメント

「テラビシアにかける橋」

2008-01-29 | 映画館で♪
「テラビシアにかける橋」
タイトルだけから勝手に想像してました。

舞台は・・・ 戦争中の両国 ・・・
隣の国の男の子と女の子が極秘に橋の上で会ったりするお話なのかな~?と。
全くぜんぜん違ってましたね。



これは可愛く そしてステキな友情・ファンタジーですね。
男の子の気持ち 。。
あの場面では私も泣きました。



アンナソフィア・ロブちゃん
「リーピング」を観たときは 美しく育ったのねぇ と驚きました。
これからどんな妖艶な雰囲気が出てくるのか楽しみです。




男の子のお父さん役のロバート・パトリックさん。
この人はどーしても「ターミネーター2」のあの不気味で無機質な質感を思い出してしまう~。
“冷たい人”って感じがしてしまうんだなぁ。

今回もどことなく冷たさを漂わせたパパでした。
コメント

「陰日向に咲く 」

2008-01-27 | 映画館で♪
これは予告を観て ちょぴり期待しちゃってました。
原作は全く知らないのですが、読んだ人々の評価が良く・・


うーーむ ・・・・ 
どこかのサイトのレビューに「何でわざわざ映画に?」とありました。
確かに、テレビのスペシャルドラマでもよかった と思えるよ~な感がアリ・・・



岡田准一くんは「花よりもなほ」の演技が好きなので スクリーンで観てもいいかな~ と思ってました。
この映画は岡田くんよりも・・・ 塚本高史の方がよかったぞ~ 
(ストーリーが。なのかな・・)




ん~ ナンでしょ。。
“つながり” が見どころだと思うのですが
先が予測できちゃうからこそ・・・ もうちょっと上手く・・ 何かが欲しかった。
感動とかじわ~っとくる感じとか、ですかね




 静か~なシーンが大変多い作品なので
腹の鳴る音には充分気をつけましょ~ (笑)

コメント

映画いろいろ

2008-01-24 | DVD
アップした写真は小林涼子ちゃんのブログから拝借してまいりました。
ここ数日の間に観た中で一番印象に残っている映画・・・
「ZOO」 でなかなか良い演技を見せてくれてました。

オムニバスなので、その中の1作目・・・
双子の姉妹を上手に演じ分けてました。


「ZOO」 は原作が乙一さん。
来月公開になる 「KIDS」 や・・ 「きみにしか聞こえない」「暗いところで待ち合わせ」 など・・・
非現実的な世界がお得意のようです。




その他、観た作品は ・・・

「星ノくん 夢ノくん」 「ハニーvsダーリン」 「青春☆金属バット」 「百万長者の初恋」 ・・・




おもしろホラーだったのが 「エクステ」
黒髪・エクステンション・輸入の髪の毛  死体・・・

栗山千明ちゃん、可愛い役でした
大杉漣さんのヘンなおじさん、インパクトありました~。
 
コメント

でんじろう先生みたく風船を操りたい!

2008-01-22 | 生活
イオンの学習机のCMで、でんじろう先生が静電気の実験をやってますよね。

あの風船バージョンがどうしてもやりたい と思ったおちび&私。
っつことで100均で細長~ぃ風船を買ってきました。



ごくカンタンに浮かぶものと思っていたのですが・・・
うーむ ・・・・   できん。

でんじろう先生に関するサイトなどを検索してみましたが・・
詳しくはわからず。。
(もしや 中味はヘリウムガスか?)




静電気はわきの下に挟んでゴシゴシやっただけ。
もっと違うやり方なのかな~・・・?
それとも ・・・
風船が長すぎ 
コメント

映画いろいろ

2008-01-20 | DVD

ツタヤが半額ってことで 前からちょっとだけ気になってた作品をいろいろとチョイスしてみました。


一番よかったのは 「フランシスコの2人の息子」

“いかにも”な感じがして借りてみる気になれなかったのですが・・・
いや~ これ、いいですワ~ 
息子達が駅の構内で歌う声・・・ 泣きました。。

ほとんど全編にわたって涙がちょちょぎれます。
良い作品でした。



その他 ・・・

「TAXi(4)」 「プロヴァンスの贈りもの」
「檸檬のころ」
 などを観まして・・・




「サン・ジャックへの道」


これは セリフがフランス語をまくし立てるスゴイけんまく感の映画でしたが なかなか楽しく観れました。

巡礼の旅 。。
四国のお遍路さんを連想して・・・
歩いて制覇していくことの意味が少しだけわかったような。




「恋するレストラン」


オランダの映画です。
ツタヤでオススメっぽく並べてなかったら借りなかったと思います。


劇的なオハナシでもなんでもなく
ごくフツーの・・・ 若者がバイト先でいろいろとある・・ って物語なんですが。
厨房にいるメンバーのキャラが面白い。
主人公の若者が惚れちゃう女の子がとってもキュート

同性の私から見てもすんごく可愛い
うっとりと見とれてました。(笑)

コメント

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」

2008-01-19 | 映画館で♪
楽しみにしてました 歌うジョニデ☆  

いや~ 歌ってましたね~。
最初はどーなることかと少しだけ心配に。
(これはミュージカル全般に言えることなのですが)

“セリフが歌”ってのは 何となく不自然というか・・
馴染むまでにしばしの時間がかかりますね。
すっかり入り込んでいた中盤~ラストまではこの映画に魅せられてました




ティム・バートン監督
独自の確固たる自信が感じられますね~。
独特の奇抜な世界なのに・・・
「どうだ 」 っつ感じです。


相変わらずメイクの濃いジョニデ☆でありました。
コメント

マンモグラフィ初体験

2008-01-17 | 健康・美容・ダイエット
乳房検診に行かなくちゃ。 と思いつつ・・・
マンモグラフィ(写真の機械がそーです)がすごく痛いと聞いていたので躊躇しまくってました。

でも ちょっと心配なしこり(?)があったので放ってはおけず。



とっても気さくなレントゲン技師さんと和やかに談笑しながら・・・
「ここに胸を乗せてくださいね。挟みますよ。ちょっと痛いかな・・」の言葉に気が遠くなっていきました。

・・・ 私、あまりの恐怖に貧血を起こしてしまったんです



実際はちゃんとガマンできる痛さでした。
私は貧乳なので容易にぺっちゃんこになったのが幸いしたのかな。(笑)


しかし 思いっきり挟まれるもんなのですね~
あそこまで潰されるとは・・・



コメント

「アース」

2008-01-16 | 映画館で♪
これはぜひとも大スクリーンで観たかったのです。
なにしろウチのテレビは15型
(42くらいで液晶画面だったらレンタルでもOKだったと思いますが)



「今ならまだ間に合う」

温暖化の危機がますます進んでしまっている地球。
でも 今ならまだ間に合うのです。
これはゴア元副大統領さんも言ってましたよね。



映像は素晴らしいです
どーやって撮ったの と唸ってしまうシーンの続出。


地球って 人間だけが占領しているわけじゃない。
何千キロにも及ぶ範囲で生命を維持している動物達がいる。



カメラマンの皆さんの苦労、並大抵ではなかったことでしょう。
貴重な映像、ありがとうございました。
コメント