ゆっくり歩こ。

映画を観る幸せ。
生活の中のいろいろ。

人生、ゆっくりしっかりと歩いていこう。





「この世界の片隅に」

2016-12-08 | 映画館で♪





実は映画館で予告を観たときは行こうと思っていませんでした
私は反戦の気持ちがものすごーくありますが、戦争映画は観るのが辛い。。
アニメでもそうでないのも戦争モノは苦手です

が、Twitterで観るツイートに高評価が多い、
観た人の感想に“反戦でないところがいい”“いやこれは反戦映画”と感想が分かれているところがある、
その他いろいろ気になるところがあったので観てみよう! と


次男の所へ行ったついでに上映のあるTOHOシネマズファボーレ富山で観てきました

ほんわかしたタッチで描かれる映画の世界
おっとりしているすずさんそのものを現したような
すずさんの得意な水彩画のようなアニメの世界です


平和な戦前から戦争へと・・・
そのさ中の暮らしぶり、日に日に食卓が貧しくなっていく・・・

舞台が広島なのであの瞬間が来るのだろうな。。 と気持ちの中で覚悟して観ていく
どうなっちゃうんだろう・・・ と


私は終盤の広島市の橋の上での周作とすずのシーンから泣けて仕方なかった
あー。。そうだったのね 

そしてそこから続く戦争が起こした残酷さに涙が止まらない。。。



すずの周りの人達が口にする“よかった”の言葉
この“よかった”をすずは本当によかったんだろうかと問う

今でも忘れずに残っている言葉です




観終わっての次男の言葉
「反戦以外の何物でもないじゃん」

ほんとそうだよね












コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「ニッポンの噓 ~報道写真... | トップ | 「高江 森が泣いている2」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画館で♪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この世界の片隅に  監督/片渕 須直  (西京極 紫の館)
【声の出演】  のん   (北條/浦野すず)  細谷 佳正 (北條周作)  稲葉 菜月 (黒村晴美) 【ストーリー】 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生ま......