ゆっくり歩こ。

映画を観る幸せ。
生活の中のいろいろ。

人生、ゆっくりしっかりと歩いていこう。





広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「桐島、部活やめるってよ」

2013-03-09 | DVD




ツタヤディスカスで届いていながら 何となくすぐ観る気になれなかった作品・・・

昨夜のアカデミー賞でソッコー観る気になりました



お~、これは・・・ いい じゃん

新人俳優賞を受賞した東出昌大
松潤似(声も似てる!)のモデル出身の俳優さん

20代での高校生役ってことで興味持って観てました


この人も含めて、みーんな演技が自然 でしたね~
リアルな高校生活を見ているようで素晴らしかった




女子4人組は美人系の2人(橋本愛、山本美月)よりその友達の2人のが上手かった!

バドミントン部の子は桑田さんとドコモのCMに出てたダンサーの子なんですね
CMの時はイマイチぱっとしなかった・・・
この映画ではハナマルです




映画部のシーンでは笑った~

剣道部の部室かと思いきや・・・
その片隅にギュウギュウ詰めの部員が押し込められている


ドアの前で映画部2人が映画を撮るのをやめる・やめないで揉めるシーンでは
途中、絶妙なタイミングで剣道部員が!



そーですね、いろんなシーンで・・・
小さな表現の巧さがあり、上手だな~ と思いました
作りも演技も





コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 「フライト」 | トップ | 「オズ はじまりの戦い」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
傑作青春映画 (ヒロ之)
2013-03-14 02:58:42
こんばんは!
良かったですよね、これ。
私は全く文句の付けようのない面白さに満点評価をつけました。
自分も映画学校出身でカメラ回してたので、主人公の姿と被るものがあり、懐かしさを感じさせられました。
学生たちを演じた俳優たちの演技のリアル感が作品の質を高めていたと思います。
この作品が日本アカデミー賞を受賞した事は凄く嬉しかったです。
そうなんですね! (そよ)
2013-03-14 21:13:01
ヒロ之さんは映画の学校出身だったんですね
専門的なところから観れますね


日本アカデミー賞、
私はこの映画を観る前だったので「のぼうの城」かな~ なんて思ってました
観てからは納得!でした
こういう作品に受賞していってほしいですよね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

DVD」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

桐島、部活やめるってよ (銀幕大帝α)
全員、他人事じゃない。 -感想- もうね、作品に対して難癖付け様が無くて完敗っすわ。 だけど1つだけ声を大にして言える事がある。 それは ファインダー越しに前田が妄想するゾンビの世界が神々しくて泣けた って事だ。 まさか青春群像劇内で描かれたゾンビに感動...
桐島、部活やめるってよ (だらだら無気力ブログ!)
大後寿々花が可愛くなってたなぁ。
「桐島、部活やめるってよ」 それでも俺たちはこの世界で生きていかなければならないのだから (はらやんの映画徒然草)
高校生くらいになると、幼い時のように無邪気に夢を見ることはできなくなってきます。