大好きな人がいる。

とても好きで、会いたくてたまらないけど、許されない恋です。
遠く離れています。その人に伝えきれない想いを書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デート

2018-04-11 19:08:27 | 手紙

     

  
この服、キミと次会うときに着たい。

これもいい。これも、いいかも。



これを着て、キミが私を連れていきたいと言った、恵比寿かミッドタウンを歩くのを想像しながら、
靴とカバンも選んだら、髪型を決めて、ネイルの色を選んだ。



これを着て、約束も無しにキミの前に現れて、驚いたキミに飛び込むんだ。
その時はワンピースにしよう。
少しヒラリとするスカートで、夢の中みたいな気分で行こう。



デニムとぺたんこ靴で歩きやすく、カバンはポシェットにして手を繋ぎやすくしとこ。
私の一番大事な場所で、キミと会う約束が出来たら、
あの日の道を、一緒に歩く夢を叶えよ。






   









コメント (2)

手離すときに

2017-12-26 01:54:36 | 手紙




何かここにある訳でも無いのに、

私、キミの何をあきらめたらいいの?




この手に何も持っていないのに、

私、何を手離せばいいの?









コメント

ライン

2017-12-02 02:04:39 | 手紙








伝える術がないんだって思った。


こうなってしまったら、
私達は繋がっているようで、


繋がっていないね。






コメント (1)

2017-12-02 01:55:14 | 手紙







カーテンレールに掛けてある洗濯物を取ろうとしたら、窓の外にレモン型の月が見えた。

12月1日の、終わりの真夜中。
高い、高いところに月がある。


キミが遠いんだって、
思い知らされた。















コメント

星が降ってる

2017-05-10 00:46:49 | 手紙





届け、届けっ。
私が念じている事。


私を思い出せっ!
連絡をよこせーっ!


届け!届け!
スマホ片手に夜更かししてる、
私の想い。



空が真っ暗な海みたい。
こうゆう夜は、届きそうな気がするんだ。

キミに星を降らせて、

帰り道の、キミの頭にコツンと当たる。

キミはすぐに気づくはず。

頭を擦りながら、真っ暗な空を見上げて、
私の仕業だって事。












コメント (4)