鈴木博 「自分が源泉」

シナジースペース株式会社代表鈴木博の公式ブログ

鈴木博 「自分が源泉」ブログ 開始にあたって

2015年03月30日 | 自分が源泉 総論
鈴木博 「自分が源泉」

参加企業70業種・1600社を超える中小企業経営者研修“SEE”を主催し、企業と経営者を長年見守り続けてきた著者がヒューマングロウス(人間成長)のエッセンスを語る。




 こんにちは。

 シナジーの鈴木博です。
 新たに「鈴木博の『自分が源泉』」ブログを立ち上げました。

 私は、平成元年に弊社(シナジー・スペース株式会社)を立ち上げ、研修を通して「自分が源泉」をお伝えしてきました。
 そして、2008年、「SEE」(経営者研修)に参加者として2年間通っていただいた 創元社 矢部社長とお話をして、拙著「自分が源泉」が出版の運びとなりました。
「ベストセラーよりロングセラー」「良書永続」を理念に掲げる 創元社から出版していただいたことを光栄に思っています。
 今後も研修、そして、このブログを通して誠実に「自分が源泉」を分かち合っていきます。よろしくお願いします。



 昨年、12月、「自分が源泉」(書籍)を贈らせていただいた富山在住の今井紀子さんという女性からお手紙をいただきました。
(「シナジー手帳」をご愛用いただき「自分が源泉」のメッセージに触れていただいていた方で27年版のお問い合わせでした。事情をお伝えし、拙著を贈らせていただきました。)
 優しさ、思い、そして、力強さに溢れたお手紙でした。


 「……『私はこの世界を愛しています。』 こんな言葉が、
 この文章を書きながら、なぜか涙と共に溢れ出て来ました。…… 」


 そのお手紙の中に書かれていたこの一文に触れたとき、私もなぜかとめどもなく涙があふれてきました。
 まだお会いしたこともない方、もしかしたら一生出会うこともないかもしれない方、、、であっても「人として」の大切な部分で繋がっている奇跡を感じました。

 これからブログを見ていただくかもしれない方々との「人としての繋がり」の象徴として、
 ご本人の許可をいただいて「そのお手紙」を紹介させていただきます。




【今井紀子さんの手紙】


 鈴木 博 様

 思いがけず書籍をお送りいただき、感謝に堪えません。早速拝読致しました。一通り読んだだけで偉そうに感想を書くのははばかられますが、シナジー手帳で出会っていた言葉を改めてたどって感じたことを、御礼と共に少しだけお伝えしたいと思います。

1日24時間のうちで私は一体どれほど、過去のことを繰り返し思い起こして悔やんでいるだろうかと、まずその時間の多さに押しつぶされそうになりました。呆れ果てもしました。

 おそらく、これまでに起こったすべての出来事は厳然と存在し、現在にその影を落としていることと思います。が、それだけでは飽き足らず、私は常に過去の失敗を悔やみ、されたことを恨み、憤りを繰り返してきました。ごく平凡・平穏な生活だったにも関わらずです。

 反省のレベルを通り越して、もったいないことに、自分の人生の時間の大半を過去の無意味な再現のために使っていることに気づかされました。これまでも自覚はしていたのですが、抜け出せずにおりました。

 『良い悪いではなく、もう置いてこよう。』これが私の第一歩です。
 今はまだ4つの章を行ったり来たりしていますが、もうひとつ真っ先に心にささった箇所があります。
 時間のインテグリティで書いておられた社長のYさんの、耳の痛い言葉がありました。
『7時に発車する新幹線は7時に発車する。』

 まさにそういった体験をすることが多々あります。10時発の列車に乗るために必死で走り階段を駆け上がっていて考えるのは、『私がこれだけ息を切らしている事実を、誰も(列車も駅員も周囲の人も)知らないし、どれだけ努力しても時間が来たら列車は行ってしまう。』
 何の言い訳も説明も通用しない現実に愕然とする瞬間です。

 こんな経験をしているのに、一刻一刻が失われて自分だけに時間の特別扱いはないとわかっているのに、無為に流してしまう時間の何と多いことか。そういう思いにさいなまれます。

 でも同時に、これまで本当に大事な列車に乗り遅れたことは…なかったから、現在こうやっていられるのかもしれない、と考えてみてもいいのかもしれません。

 今日読んで、今日感じたことを乱雑に書かせていただきました。申し訳ありません。これから何度も読ませていただいて、自分の存在理由を見出しコミットメントをしていく道のりが始まるのだと思います。

 少し大げさな表現になりますが、私は先人たちの知恵や努力や犠牲の恩恵を受けて、この幸せな時代のこの国で、両親に恵まれ楽な穏やかな生活をしながら、不足と不満を抱えて生きてきました。

 何か一つでも知恵や行動で社会に返せたものがあるだろうかと自問すると、残念ながらまだ全くありません。そんな使命感すらあまりないでしょうと自分に言わざるを得ません。

 でも、この人生のうちに自分が生きる理由と出会い、そしてそれを必ず全うして終われるのだと信じることに致します。


『私はこの世界を愛しています。』

 こんな言葉が、この文章を書きながら、なぜか涙と共に溢れ出て来ました。


 人生の中で、直接お会いできる方の数は限られていますが、多くの著作を通してその方のメッセージに触れ、知恵や知識をもらって力にさせていただいております。

 ですが、数多くの書籍の中から自分の財産となるような本に出会うのはなかなか難しく、また、気になった本を10冊、20冊とまとめ買いできる立場にもありません。

 こうやって1冊の本を届けていただき、自分が考えて行動する力ときっかけを与えて下さったことに、重ねてお礼申し上げます。

 富山は、雪を呼ぶ冬の雷、通称“ぶり起こし”が轟き、いつもより早く本格的な寒さを迎えようとしています。太平洋側の晴天が、懐かしく羨ましい季節です。

 どうぞお身体に気を付けて新しい年をお迎え下さい。


平成26年12月15日      

                  今井 紀子

ジャンル:
文化
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 川ちゃんのこと 「でも、本... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
次なる発信おめでとうございます! (長塚孝之)
2015-03-30 16:41:32
 書籍の出版に続き、ブログでの情報をスタートされるとのこと、誠におめでとうございます!

 私自身、2006年にSEE80期で「自分が源泉」の考え方に出会ったことから、何かが大きく変わり始めました。自分自身の持つ”自動反応”を変えることは至難の業と感じておりますが、まず自動反応と過去の経験という自分自身に気づけたことがスタートになりました。

 今は、日々の実践を通じて、継続をキーワードに、知行合一となるよう自分を律しております。このブログの発信によって、私を含めたより多くの方々に、自分が源泉の哲学が染み渡ることを、心より祈念申し上げます。この度は、誠におめでとうございます。また、いつもいつも、大変ありがとうございます。

 
おめでとうございます (ケンユー)
2015-03-30 18:00:16
鈴木さん
ブログ開設おめでとうございます。
第一回目から深い内容でとても心に響きました。
あれ程、何度も繰り返し口にした「自分が源泉」というフレーズ、ともすると忘れてしまいがちです。

自分が創って来たこの人生、自分が生きているこの人生、何かのせい、誰かのせいにしても何もかわりはしないし、一歩も前には進めないこと、もう一度
心に刻みました。
ありがとうございます。

これからさらなる発展お祈りしています。
新たなスタートおめでとうございます。 (インディー)
2015-04-01 00:40:46
昨年の25周年イベントをきっかけに、昔のヒューマンメンバー達と会う機会が増え、心が繋がっている仲間って時間がたっても良いなと感じています。
日常生活ではついつい忘れがちになる”自分が源泉”をこのブログを見てもう一度生きて行こうと思っています。
これからも良い記事をお願いします。
この本は「自分が源泉」が文化になっていくための財産ですね。 (白神恵子)
2015-04-01 07:44:57
この手紙を書かれた今井さん、人生を真剣に誠実に生きていらっしゃる方ですね。お会いしてみたいと思いました。
そして、そういう方が『自分が源泉』を読んで、ご自身の生き方を更に深めていける。
この本、世にすばらしい貢献になっていますね。
私も数年ぶりに もう一度 読み返して、自分が源泉を更に深めます!
今井さん、いつか お目にかかりましょうね ^_^
ブログ開設おめでとうございます (矢部敬一)
2015-04-01 11:06:23
ブログ開設おめでとうございます。また、最初から中身の濃い内容で、感銘を受けました。さらに多くの人に「自分が源泉」が広まるよう、がんばってください。
私に出来ることはいつでもご連絡を。来月の後半あたりからまた日常に戻る予定です。
引き続きよろしく御願いいたします。
矢部
あらためて感じることがありました! (今井紀子)
2015-04-02 18:20:52
ブログを開設されるとお聞きして、再度、『自分が源泉を』を読ませていただきました。

その中であらためて感じたことがあります。

何かを「愛しています」という表現は、実はこれまで、あまり馴染みのないものでした。
家族に対する思いや恋愛感情を表現する時も、何となく違和感や気恥ずかしさを覚えていました。

でも、この言葉が湧き上がって来たときの心の在り方は、「あるがままに、ただ承認する」時のそれと同じものだと感じ、『自分が源泉』の中のこのフレーズに、目が釘付けになりました。

「私はこの世界を愛しています。」
自分から発せられていながら、彼方からもたらされたかのような言葉と、ブログの場で、もう一度出会わせていただいたように思います。

「自分が源泉」に、そして皆様のコメントに日々出会えることが、これからとても楽しみです。
ブログ開設おめでとうございます! (三浦由季子)
2015-04-05 09:28:07
「自分が源泉」の本を手にして、「源泉」に立つ捉え方を知った時に、なつかしい思いと、新鮮な気持ちが重なり、すがすがしくなっていく自分が居ました。

今回、今井さまのお手紙を拝読し、自分の声を聴くような不思議な感じを味わいました。
「自分が源泉」は、「愛」に気づき、信じられる自分を「承認」する力が湧いてくる、貴重な「貢献」そのもののように感じています。

ブログで「源泉の方々」に会え、言葉に触れられることも、とても楽しみです。ありがとうございます。
ありがとう (鈴木 博)
2015-04-16 19:08:55
第一回のブログにコメントをしてくださった皆さん、ありがとう。
心から感謝です。

ながちゃん
ありがとう。誠実に続けていくね。これからもよろしく。

ケンユー
ありがとう。みんなで創ってきたね。感謝です。

インディ
ありがとう。
幸せにやってると思います。今年もイベントやるので顔を出してください。

ケイコ
ありがとう。今井さん、鈴木もお会いしたいと思ってる。

矢部ちゃん
ありがとう。少しづつだけど誠実に伝わっている感じがしています。感謝です。

今井さん
ありがとう。多くの方から「感激した!」とのコメントをもらってます。感謝です。

ゆきちゃん
ありがとう。SEEでのゆきちゃんの気づき、発見に力付けられてます。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自分が源泉 総論」カテゴリの最新記事