ココロと機械

ココロの病を患う私の気ままなブログです

また始まった

2018-08-12 08:22:50 | ブログ

また最近女房の病気がマイナス方向に振れている。

女房は躁鬱病だが躁転すると常にイライラしていて些細な事でキレ
まくり手がつけられない。
これが鬱に転じると無気力マイナスになり今度は何を言っても「も
うダメだ」「もういやだ」ばかりになる。
どのみち腫れ物に触るようなもので手がつけられないのは一緒なの
だが、どちらかと言うと鬱になってくれるほうがこちらとしては困
る。

私は大鬱と統合失調が主な病気だが、躁転することはなく常に「も
ういやだ」状態なのだがそれを口に出したり女房に対してそういう
態度をとることはない。

いえばマイナスになるだけであるから、家庭の調和が乱れるからだ。
だが女房はお構い無しに「もう疲れた」「行きたくない」の繰り返
しである。
そんなことは分かっているのだから、と言うか店もそれ承知で雇っ
たのだから「じゃあ休めば?」と言うと「休めない」と自前のおか
しな根性論を持ち出してくる。

晩御飯を作って二人分作っても箸もつけず毎日捨てている。
「食わないからだるいんだよ」「食わないと余計食えなくなって倒
れるよ」と言う人の警告は無視される。

私だって食えば吐くし、正直食いたいと思って食っていない。
食わねば余計悪くなるからと思って食うだけである。
それがここでも偏屈と言うか「食わなくても大丈夫」という狂気じ
みた言い訳をして私の言うことは聞かない。

どのみち人の話は聞かないので、どんなに心配しても忠告しても同
じなのだが、自分が正しいと思っているのか自分が偉いと思ってい
るのか変なプライドがあるようでダメなのである。

「私休めないもん」じゃあ何で他の人間が休んでいる時にお前が出
るんだ、他の人間がよいのに何でお前はダメなんだ、逆だろうと言
っても無駄である。

なんしろ人の意見を聞かないから、最終的には「まあそれでいいな
らいいけれど、ぶっ倒れて店に迷惑掛けないでね」と言うしかなく
なる。
人がどれだけ心配しているのか、その心配も「大きなお世話」と思
うような人だから、もうそう言うしかないのである。

元々人の気持ちを察することが出来ない人なので、わたしがゲーゲ
ー吐いていても知らん顔してテレビ見てるし、それで頭に来てわざ
と聞こえるように「あー気持ち悪い」と言うと「医者行けば?」で
終わりである。

わたしが調子悪くて寝込んでいても知らない間に仕事に行っていな
くなっている。
聞くと「調子悪そうだったから静かにしておこうと思って」要する
に放置と言うか、聞かれてそういうだけで無関心である。

じゃあお前は自分の子供がゲーゲー吐いていても平気なのか?と聞
くと「平気じゃない」
もう独立している子供たちより目の前にいる旦那の方が優先順位下
位なんだから寂しいものだ、愛情と言うものはこの人にはないもの
なんだろうか。

まあとにかく今と言うか当分この「もう嫌だ」が続くので気分が上
がってくるまでの辛抱だが、躁鬱のどちらにせよダイレクトに人に
出しすぎと言うか見せないようにしないというか、構ってチャンな
のか、それでいて人の言うことはまったく聞かないから困るのだ。

わたしだってただでさえ毎日が憂鬱で消えてしまいたいと思ってい
るのにそれを言ったところで相手を困らせるだけだから言わないよ
うにしているのにそこに上塗りと言うか口に出したり態度に出され
たりすると余計鬱々とするのだ。

やってもいないことをやったとか、言ってもいないことを言ったと
か、それでいて人の救済意見はスルーとかもう大変だし最後には頭
に来るし、まあ自分が正しいと思うなら好きにすればいい、ただし
それでぶっ倒れて入院しても開口一番「大丈夫?」ではなくて「そ
れ見たことか」と言われるのは覚悟しておいて貰いたい。

まあ、こういう時は触らぬ神に祟りなしで、いつも放って置くよう
にしている、と言うか変に構うと私がやられるしどうせ聞かないの
でいっぺん痛い目を見ないと分からないのだ。

お医者の話も聞かないしお医者で思っていることちゃんと言わない
から薬もちゃんと合った物がでないし、まあ性格なんだろうけれど
外面ばかり気にしていると痛い目に合うのは自分だと言うのがその
うち分かるだろう。

人が自分の辛さを抑えてどれだけ心配しているかと言うことを分か
って貰いたいものである。



本日の種:フジフイルムZ2000EXR
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 眠りたいけど眠れない | トップ | 雨だ~♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿