ココロと機械

ココロの病を患う私の気ままなブログです

TECSUN PL680

2018-01-19 12:19:10 | ブログ

こないだ電子たばこが売れたおかげで小銭が入って5000円の中
華ラジオPL-380を買ってみたが特に用途はないけれど遊ぶの
には面白いのでチョコチョコ触って遊んでいる。

で、PL-380でっググって色々見ているとこの上のPL-66
0と言うのを使っている人が結構いる。
なのでまたアマゾンを見ていたら多分後継機であろうPL-680
と言うのがあって、見た目380がそのままデカくなっただけのよ
うな感じなのでこれを一つ買ってみようかと。

660は何やら評判が良いようだが680に関してはググっても殆
ど日本語のページに引っ掛からないのであんまり宜しくないのかな。
まあわたしは660の何かデコボコしたパネルが好みでなかったの
と380と同じような顔という事は使い方も同じようなものであろ
うという事で680の方を購入、11200円也、中華物にこれだ
け払うのはちょっともったいない気もしないでもない。
まあいいや、人柱だ、と言うか好き好きと言うか暇つぶしだからい
いのだ。

外箱も380がそのまま大きくなっただけのような箱、裏も同じだ。
で、中身はこんな感じ。

本体と昔のシステム手帳のような入れ物、中国語オンリーの説明書
となんかクイックスタートガイドのような図解、保証書、テックサ
ンの単三電池、また電線のクリップ式アンテナ、それからまた耳に
挿すとかぶれそうで怖いイヤホン、220Vでさらにアウタープラ
スの旧規格のアダプター。
茶色い箱が別についてきたけれど、何かと思ったらアダプターでは
なく100Vを220Vにするステップアップトランスだった。
なにしに100Vをステップアップトランスで220Vにしてまで
6Vのアダプターを使わなければならんのだ、そんな面倒くさい事
する前に6Vのアウタープラスの古いアダプターでもそこらから探
した方が早いぞ、まあ、親切のつもりだろうが効率が悪すぎる。
海外で使うからステップダウントランスが入っているとか100-
240V対応のアダプター(今はこれが普通だと思うが)
であろうがここは中華だから仕方ないと言うかこう言うもんだと思
わなければ仕方がない、まあ、こんな危なそうな物使わないけれど
な。

はい表面。
PL-380をそのまま大きくしてダイヤルをつまみにしてみまし
た的な感じで基本操作は同じだ、機能が増えた分違うボタンがある
くらいの差しかないが、両方一緒に使おうと思うと似たようなイン
ターフェイスなのでこの方が使いやすいだろう。
左上の長いボタンは380はライトだったけれど680は電源ボタ
ンだ。
で、裏面ね。

LWが少し広いのとエアバンドが追加されているのとSWがオール
カバーになっているけれど残念ながらFMの64-108が無くな
っている。
まあ、64~でも聞くものも殆どないんだけれど聞こえるバンドは
広ければ広い方が面白いと言うか得した気分だからな、それだけだ
けれど。

あと、380が嫌らしい単三3本仕様だったのに対して680は4
本仕様だから無駄が出なくてそこはこちらの方がいい。
さて早速電池を詰め込んで時計を合わせて聞いてみる。
・・・・・・何か微妙だな、まずFMは380の圧勝だな、この地
下の事務所でも380の方はコミュニティFM聞こえたけれど68
0のほうはまるで聞こえないぞ。

うーん、次! MW! ・・・・ぬーん、悪くはないけれど380
と変わらないぞ、あとデジタル表示と実際の周波数が少しずれてい
ないでもない、と言うかSSBにしてみるとBFOの真ん中からず
れている。
周波数ずれなのかBFOがずれているのかその両方か分からないけ
れど何かわずかにずれてるような気がする。
ググった時に660でも周波数ずれのこと書いてる人いたからよく
あることなのかもしれないな、まああまり気にしないけれど暇な時
に調整しておこう。

SWは地下ではまるでダメなので家で聴き比べるより仕方がないな。
MWは筐体が大きい分中のフェライトバーアンテナも長いはずだか
ら単純にはこっちの方(680)がよく聞こえるはずだけれど、み
んな勘違いしているけれど、MWの感度はただフェライトアンテナ
が長ければよく聞こえると言うものではないので、まあ単純にはそ
ういう理屈だけれど理屈だけでは物は通らないので短くてもはるか
によく聞こえたりするので何センチ、なんて定規を当てて測るのは
意味がない事である。

ボタンの押し心地は680の圧勝、380のようにカチカチ押さな
くともプチプチとちょうど良い感じだ。
液晶表示は380が感度とS/Nを数字で表示するのとは違って普
通のバーグラフ表示だから好き好きだが私はこの方が見やすい。
380にある温度計は付いてないな、同期検波は私は使わずそれを
使うくらいならSSBで受信してUSBかLSBで切り替えて聞く
から要らないな、と言うか元の周波数がずれていたらそのずれた周
波数に合わせないと同期検波をONにしてもすぐ外れるだろうから
やっぱ周波数ずれは暇みて直しておこうかな。

なんか触った感じでは380の方がいいような気がするなぁ、まだ
ちゃんと聴き比べていないから分からないけれど680がハズレだ
ったのかこんなもんなのか380が結構海外でもいい評価(このサ
イズのラジオの中で)だと言うのも何となくわかるような気もしな
いでもない、そういう事かと。
まあ地下のこの事務所で聴き比べる範囲では380に負けていてイ
ートングルンディッヒG3にも負けている、いや、操作面で言った
らG3何か最低だけれどまあ、感度的に負けていると言うか同じ程
度かなと言う感じだなぁ。

ソニーのSW7600GRには歯も立たない感じではある。
まあ、家で聴き比べてみてあまりに酷いようなら周波数ずれととも
に感度調整もし直せばいいだろう、中華物なんてそれ前提で遊ぶも
のだからな、「ずれてる」なんて怒る方がおかしい。
操作の仕方とか大きさではちょうど良いので(380は小さいのは
いいが腰を据えて遊ぶには小さすぎる)何とか遊べる程度に、と言
うかこういう不具合を直すところも中華の楽しみなのだが暫らく暇
つぶしになりそうである。

G3の操作系があまりにもひどくて嫌になるので同じくらい聞こえ
る様になればこっちの方が楽なので何とかしてみよう。
ただG3(デゲン1106)は中身はキチンとしているので周波数
ずれとかはないし問題はないので、まあ、どっちもどっちかな。
所詮中華料理なのでこういうもんだと言うかそこをいじくり回して
遊ぶものだと思っているのでこんなもんでいいさ。

余計な機能もないしデザインも良くも悪くもないと言うかまあ中華
物なんだけれど、そこそこ聞こえてくれればいいのでちょっくら開
腹して遊んでみるかなと言う感じであります。


本日の種:オリンパスXZ1
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« Bonai モバイルバッテリー | トップ | KYF35ハンズフリーの2 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (TK_Junk)
2018-05-16 22:39:27
興味津々で読ませて頂きました。

どんがらの大きくなったPL-380=PL-680

ということは・・・
前大戦の日本戦闘機で言えば
PL-380 ゼロ戦
PL-680 烈風
という理解をしてしまったオタクじじいです。
PL-880などは,幻の局地戦闘機震電とか。

近々,R-9700DXというアナクロ感満溢のTECSUNラジヲを購入する予定で,ウェブを流離ったらこちらに流れ着きました。

よっしゃ!ようやく国産短波ラジオを買って短波を聞きまくるぞ!と定年退職してみたら,もはや最後の砦のソニーですらこういったモノを作っていないのに慨嘆しております。

戯言コメントをお寄せして,なにとぞご容赦願います。
また,興味ある記事を読ませて頂けると期待しております。
Unknown (JI2FJB)
2018-05-16 23:35:27
TK_Junkさんこんばんは。

よくもこの偏見と独断の塊のようなブログをお読みいただきありがとうございます。

私の購入したPL-380は「アタリ」、PL-680は「ハズレ」だったようです。
当たりハズレが多いのもこういう中華物の楽しみといっては何ですが、弄繰り回す事前提ですからね。
で、件のこの680の方は調整しまくってやっと380と同じくらいですからまだまだ改善の余地がありそうです。
PL880は良いというのをよく聞きますが、お値段が中華物にしては高すぎるのと、電源が確か18650充電池専用だったと思うので市中にある乾電池が使え無いという事で手は出さないというか、それならソニーのICF-SW7600GRがあるのでそっちでいいやと言うことになってしまうのと、私はMWウォッチャーですので、ICF-M780Nと言う現代版EX5がありますのでそちらの方が良く聞こえます。
夜中にイヤホンで遠くのMW局を聴いて(ネット局だとダメですが)そのまま寝落ちするという事が多いのでアナログのR-9700DXは消費電力が少なそうで良さそうですね。
しかし多分一台は売ってるうちに7600GRを買っちゃうと思いますよ、今また値上がりして3万円ですがポッと18000円位になるときもありますから思わずポチッとしてしまうかも知れませんよ。
ICF-7600GRは紫電改みたいな物ですからね。(少し違う?)
Unknown (TK_Junk)
2018-05-17 22:07:46
戯言コメントにレスいただき,ありがとうございます。
中波DXマシンの情報,ありがとうございます。
現代版EX5,155ミリのフェライトバーアンテナ!らしいですね。

うーーむ・・・
迷うなぁ,中華戦闘機を見送って,この国産「雷電」にするかなぁ。
「紫電改」も,それこそ今まで横目で100回くらいよだれ垂らしながら見送ってきたので,これも次期戦闘機としていまからよく検討しておきます(笑)

コメントを投稿