ココロと機械

ココロの病を患う私の気ままなブログです

海へ行ってきた

2019-05-16 08:33:49 | ブログ

女房が最近と言うか、しばらく前から「ウミ!ウミ!」と言うので
わたしはあまり気分が乗らないのだけれど行って来た。

ついでだからフジフイルムX-H1と二コンD850でISO12
800対決してきた。
X-H1は23mmf1.4、D850が28mmf1.4で両方
ともf2だ。

まずはX-H1
1/25と出た。

空の曇りのグラデーションが何かモザイクっぽく見えるのだが縮小
していない画像ではちゃんとしている。
X-Pro2でも平気でISO12800を使うがX-H1のほう
が気持ちノイズ処理がうまいと言うか、1段分高感度に強い分だけ
健闘しているかな、まああまり気にはならない。

次はD850
1/30と出た。

35mm(相当)と28mmの差はあるけれど、いっぱいまで拡大
してもタワーマンションのベランダまで確認できるからさすがに解
像しているのとレンズがこのレンズ、キレッキレなのが良く分かる。

ただやはりD850はいつも思っていた通りD810にコントラス
トの広さで負ける。
D610とかDfが相手なら完負する。
これ以上広げたければRAWで撮って誤魔化すしかないのだ。

ノイズレベルはさすがに綺麗だが、大幅に物凄いと言う訳では無い。
もっとノイズレスがよければD5しかないだろうな、もう2段分ぐ
らいいいだろう。
とは言えわたしはこんなもんならまるで平気なので、と言うかフィ
ルム増感したらこんなもんじゃ済まないので十分すぎるくらい実用
レベルだ。

ISO感度を下げて露光時間を長くするかISO感度を上げて露光
時間を短くするか、前者の方が多少いいだろうがまああまり変わら
ない。
それよりも暗いところで手持ちもするからISO感度はギリギリま
で上げる。
カメラにも寄るが12800、12800が常用範囲外で拡張なら
6400まで平気で使う。

雨上がりで雲が切れるのを待ったけれど全然だったので風が強いし
寒いし耳は痛くなってくるしで大変だった。
まあ、カメラは夜はこれからもDfの出番だな。
だいたい思ったとおりの結果だったから、これでよしなのだ。

車に戻ったら中に口裂け女がいた。


@ やはりD810はギリギリのバランスを保っている


本日の種:2枚目だけフジフイルムX-H1、その他二コンD850
コメント   この記事についてブログを書く
« C. Crane CC Skywave SSB | トップ | くるま お あらった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿