ココロと機械

ココロの病を患う私の気ままなブログです

まずは一山超えた

2019-06-21 10:29:32 | ブログ

昨日昼から緊急手術になって、「何かあったら即電話します」と言
われて「何もなかったら夕方6時頃面会に来てやってください」と
言われてずっと「今日一日この電話が鳴りませんように」と田舎の
神社のお守りとハナちゃんの首輪を握り締めて願う事数時間。

5時過ぎてもとうとう電話は鳴らなかった。
よかった、ハナちゃん何とか持ちこたえてくれたか、と5時過ぎに
女房が帰ってくるのを待って動物病院に車を飛ばす。

「今日緊急手術をした北野ハナです」と受付のお姉ちゃんに告げる
事10分「こちらですどうぞー」と言われて向かう。

「あ、おとうちゃん、やんだこんな写真撮らないで」
「ハナちゃん頑張ったね、疲れたろう」

「ハナ頑張ったよ、先生も頑張ったよ、もう痛くないよ、寝返りも
打てるよ、まだちょっとフラフラするけどね」
「まだ麻酔が切れてないからな、それにずっと寝られなくって眠い
だろうしおなかすいたろう」

「お父さんの声聞いて居たら眠くなってきちゃったよ、ちょっと寝
るね」
「また明日も来るから、ゆっくり休みなさい、でもって早く元気に
なって早くおうちに帰ろうな」

とりあえず大きな山は無事越えた。
後はハナちゃんの生きようとする気力と医学の力が頼りだ。
まだまだ安心しきっている訳には行かない。
むしろこれからが正念場だ。

だが写真にはないが少しの間立つこともできたので、頑張ってくれ
る事だだろうと願う。

摘出された子宮は、本来直径5mmもないものが極太高級ソーセー
ジのように腫れ上がっていた。
それも両方だった、あれでは他の内臓も圧迫されるし汁が漏れ出せ
ば腹膜炎にもなる。

写真を見せて頂いたが思わず「ええこれ!?」といってしまうほど
肥大化していた。
本当に間一髪とはこのことだ。
これはまずいと思って危険な手術に挑んでくれた先生方やスタッフ
の皆様には感謝しかない。

まずは一山大きな山は越えられた。
後はハナちゃんの気力の戦いだが、見た感じでは頑張ってくれそう
ではあるが、絶対と言うことはありえない世界なのでまだまだ気は
許せないのだ。

X70
コメント   この記事についてブログを書く
« 神様なんて物が居るのなら | トップ | 緊急手術後二日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿