ココロと機械

ココロの病を患う私の気ままなブログです

だからこういう人間が出来上がる

2019-03-06 07:20:45 | 健康・病気

小学校一年生の時の夢を見ていた。

わたしはずっと学校でも家でも理不尽な叱られ方をして育ってきた。
ついでに言うと買い物ばかりするのもまあ、これも病気の症状のひ
とつでもあるけれど、子供の頃何一つ買ってもらえなかった反動で
もあって、クラス全員持っているようなものすら買ってもらえなか
ったのだ。

一年生の担任は何か悪いことがあるとすべてわたしのせいにする人
間だった。
以降ずっと何かあればわたしのせいにされたり疑われたりで中学卒
業までそうだった。
学校と言うところは嫌な所、と言う刷り込みがもうこの一年生の時
に出来上がっていたのである。

給食を残したのが掃除の時間にどこかの机から出てきた。
先公は勝手にそれをわたしのせいにし呼び出されて問い詰められて
殴られた。
わたしは給食なんか残した事もないし、そもそもそれは私の物であ
ると言う証拠もない。

で、わたしが殴られて、まだ認めないでいると、他の子供が「すい
ません僕がやりました」と言う。
そうしたら先公は叱るどころか「よく名乗り出てきた」的な事を言
って許す、わたしには「もういいあっち行け」で終わりである。

図工の時間にレンコンの芋判で好きな絵と言うか柄を作れといわれ
たので「思うようにやっていい」と言われたので絵の一部に芋判を
スライドさせた部分を作ったら(黒い線になる)「こんなになるは
ずがない」といって殴る。

「好きなようにやれ」といったのはお前でポンポン押すに限るとは
一言も言わなかったから好きなようなやっただけなのだが、こうな
るはずがない(実際なってるのにな)と言われて殴られて破かれて
やり直しさせられる、適当にお花かなんかポンポンして出した、個
性も何もない。

宿題が出来なかったので忘れて行ったらまた殴られて、暗くなるま
で絞られて(その頃小学一年生は4時間までしか授業はなかった)
家に帰ると「なんでそんなに遅くなるんだ」と言ってまた親父に殴
られる。

その頃の学校教育は、ラジオの通信講座のごとく、分かろうが分か
らまいが進んでいくと言う方式だったので、どこかで躓くともうそ
の後再度教えてもらうということはなく進んでいくので、余計分か
らなくなる。
と言うか分からないところがどこかすらわからなくなって出来るは
ずがなくなるのだ。

わたしなんか分数の計算はおろか九九の七の段が未だにすらすら言
えないし積み算も出来ない。
まだ何パーセント、と言われた方が10とか100で割ればいいの
だから分かりやすいがそれは大人になって仕事するようになって身
につけたことだ。
だから中学校に上がって一番の難関である因数分解なんて訳が分か
る代物ではなかった。

家でも宿題やったのかと聞かれて、分からないと言うと飯も食わさ
れずに親父に殴られ絞られストレスで吐こうが許されなかった。
高校も行きたくないといったら殴られて無理やり一番下の学校へ行
かされたけれど、勉強なんか分かるはずもなく毎日トランプして遊
んでいたら落第したが、当たり前である。

そして今の仕事に一度は就いたが、そこでも理不尽な事ばかり言わ
れ、ちょうどバブルの時だったから4トン車に13トンとか積んで
昼からの配達の出発がすでに4時とかになって、夜8時頃になって
も荷物は減るどころか山のように積んでいるので、お客さんもまあ
忙しかったから結構遅くまでやっていたけれど8時9時になるとも
う帰ってしまって、大物が上に乗っていてそれを下ろさないと次に
行けなくなって困って公衆電話から電話すると「いつまでやっとる」
と叱られ帰って来いと言われまた次の日にその山のような荷物に追
加されて配達すると言う悪循環だった。

定時は6時であったがそもそも会社を4時過ぎに出て13トンくら
い、十五、六軒を回って6時に帰れ何て出来るはずがないのだ、会
社を出て最初のお客さんのところに着くのがもう5時頃なんだから
な。

で、結局頭に来て「じゃあてめぇやってみろ」と言ってそのまま放
り出して辞めてきた。
それから某ブリヂストンの社員になったりしながら大型免許とって
運送屋に飛び込んだ。
家から近いところに電話したら一応履歴書持って来てくれと言うの
で行ったら「いつから出られるか」と言うので、今は無職ですから
いつからでも、と言ったらじゃあ明日から来てくれといわれていき
なり広島まで行かされたけれど、こんなもんだと思って、それから
ずっと大型トラックで旅をしたり最後の方はJRコンテナの運搬と
かやっていた。

けれどそこは自由で、与えられた仕事(荷物)さえ時間までに破損
することなく事故することなく運ぶと言う事だけであったので、責
任はあるし辛いけれど嫌だとは思わなかったので結構楽しくやって
いたし事故も延着もしなかったしで会社もよくしてくれて、無事故
手当てとか愛車手当てとか何だかんだ言ってつけてくれたので楽し
くやっていた。

で、実家の方が社長交代で親父が社長をすることになって絶縁状態
だったところに半ば強制的に帰って来いと言われて渋々帰ってきて
今があるのだが、そんなだから会社でわたしは何もする気がない。
ただ電話取る人間がいない時に替わりに取る位の物であとは寝てい
る。

実家の会社に戻る約束と言うか条件が、役員が3人いるので役員に
なれ、その代わり給料制ではなく役員報酬になるからボーナスはな
い変わりに(本当は役員でもボーナスに相当する物はあるのだがな)
月給50万円にする、と言う条件だったのがまたここで理不尽勃発。
なんだかんだ言って結局今33万円である。
手取りにしたら色々引かれて手取り26万円だ、もうじき五十にな
ろうと言う男が歳の数すらもらえないと言うのは生活上困る。
今は障害手当てが一カ月おきにあるからそれを合わせてトントンだ。

はっきり言ってこんなの落ちこぼれになるかイエスマンになるかど
ちらかだ。
わたしは子供の頃から理不尽にやられてきたのでイエスマンには絶
対ならないと決めているので落ちこぼれの人間不信で結構である。
唯一女房の言う事は聞くが、残念ながら女房の事も全部信じてはい
ない。

結婚して家族になったと言っても「この人とこの人が戸籍と言う紙
の上で同じと書いてある」だけで他人であるから、兄弟すら信じら
れないわたしには無理である。
信じていないと言うと誤解を招くが、信用していないと言う意味で
はなくて、家族になったと言えども「今日でわたし出て行くわ」と
言って紙切れ一枚役場に出せばそれで完全な他人に戻れるのだから
簡単な物だ、戸籍と言う紙の上から消すだけの作業である。

理不尽や人の意見を聞いてもらえない押し付けばかりの育てられ方
をしたから人間不信にもなるし、聞く耳持たず自分のやりたいよう
にやる、そんな人間が出来上がってしまうのだ。

ただ、その代わりにわたしの子供には好きなようにやらせたし、金
がないのを知っていて高校を諦めるといった娘にも金をかき集め質
屋に通いながら高校にも行かせたし、小学生の子供も「子供は遊ん
でなんぼだ」と言って遊ばせたし(それで成績が悪いということは
なかったし、やってはいけない事だけきちんと教えた)伸び伸びと
育てて誰からも好かれるしやる事はちゃんとやる子供たちななった。

それに甘えたのか裏切ったのか知らないがいなくなって今あのパチ
ンガー母親の下でどんな暮らしをしているか知らないが、まあそれ
は今は関係がない。

まあそうやって小さいころから理不尽な叱られ方をして人間不信に
なり落ちこぼれ、自分の事は自分で決める、自分の道を進む、それ
がいいのか悪いのか、それはその人の歩む道によるけれど、そうい
う人間になってしまうのです。

今時の、自分の腹の具合で子供に八つ当たりする親やなんかと同じ
ような育て方ってのは、昔っからあったんだよ、珍しい事じゃない
ね、ただ今時の親は、さらにクズと言うか、ただ甘やかされて育っ
てきたのが多いと言うか、どうしようもないのばかりだからすぐ自
分の子供や連れ子を殺したりする、いや、どうしたら人や、いや、
虫でも死んでしまうのかを知らないから余計たちが悪いというか怖
いねぇ。

まあ、こうしてわたしと言う人間が出来上がったのだけれど、わた
しは自分がやられて嫌だった事は事は人にはしない。
理不尽な育てられ方をした代わりに、人の気持ちが分かるようにな
ったからだ。
反面教師であるけれど、自分はどうだと言われたら周りから見たら
「ちょっと変わった人」なんじゃないかなあと、思わなくもないん
だよね、別に人に何するわけでもないけれど、心の中の考え方が人
とは違うと思うのです。


本日の種:ペンタックスMX-1
コメント