素晴らしい風景!!

色々歩いた山や国内の風景等をご紹介いたします。

▲ 懐かしの平ヶ岳 ▲

2020年09月26日 | 日本百名山

 

 

平ヶ岳(標高 2141m)は南会津、尾瀬の北西に位置し、利根川と阿賀野川を分ける中央分水嶺の二等三角点峰で、利根川源流の最高峰であります。 

今回は新潟と群馬の県境に聳える『平ヶ岳』の御案内です。 ※写真は2015(H27)年7月25日撮影 

平坦な山頂部には湿原と池塘が広がり湿原植物の宝庫となっています。

以前の平ヶ岳(ひらがたけ)への道は、交通の便が悪く登山道もない深山でありましたが、 深田 久弥は個性ある平ヶ岳を認識されており、『日本百名山』に加えようと、登り3日 下り2日の5日間を掛け、自らの足で踏破されたのが1962(昭和37)年のことだそうです。                                                                                                               その3年後に、現在の登山地図に表示されている鷹ノ巣からの登山ルートが開設されたとのことであります。

現在は、アプローチも登山道も整備されてはいるが、依然として遠い山であることには変わりありません。                                        登山口から山頂の往復は、12時間以上の長い行程であります。                   また、途中にエスケープルートは無く、何ヵ所かある水場付近のキャンプは全て禁止区域で、その行程中には山小屋も有りません。                          そのため、平ヶ岳を目指すには最後まで歩き通す体力と慎重な行動力、そして安全に下山するための状況判断力が必要となるコースとなっています。                    そんな事から、万が一に備えて、タープかツェルトなどがあると助かります。

前記は現在の登山地図にコース表示のされた鷹ノ巣からの登山案内です。

                                                                                                                 私達はスタッフを含め17名のパーティーであり、鷹ノ巣からのロングコースには無理があり、別のコースを選択しました。

奥只見湖にある銀山平温泉のマイクロバスで、宿から1時間半、中ノ岐林道を走って頂き、標高 1270mの平ヶ岳中ノ岐登山口まで入って頂いた。  中ノ岐川沿いの残雪

中ノ岐登山口から玉子石分岐までの標高差約 800mの急登を、マップタイム3時間。

                                            登山口を5時35分に出発し、玉子石に8時半到着。                      早朝の涼しい時間から歩き出せたので、気持ち良かったのかマップタイム通りの時間で歩かれ、皆さんの頑張りに驚いた。                                            この年の夏は、乗鞍岳、四阿山、黒部五郎岳、富士山など、皆さん元気に歩かれました。

玉子石はハイマツの中に池塘と湿原を背景に鎮座している。                   自然造形の奇岩であり、自然の凄さに驚かされるが、近年の風化による崩壊が酷くなっている様で「危険です。近寄らないで下さい。」の表示あり。

玉子石分岐まで戻り、木道を進み池塘のある池ノ岳へ。 

                                           灌木と岩稜とハイマツ帯を過ぎオオシラビソの林を抜けると、池ノ岳の平坦な頂上部にある、姫ノ池の地塘群が現れる。

                                             付近には湿原が広がり、キンコウカ をはじめとする湿原植物が多い。黄色い花です。

                                        そして、湿原越しに雄大な平ヶ岳の本峰が、直ぐ目の前に望める。

平ヶ岳の山頂へは、いったん鞍部へ下り、檜廊下と呼ばれるオオシラビソの林を抜けて行く。                                       頂上湿原の中に続く木道を進めば、二等三角点のある平ヶ岳山頂に到着である。

                                        山頂西側の湿原には池塘が点在し、剱ヶ倉山方面へ木道は続くが行き止まりであり、その周辺にはチングルマが咲き誇り、360度の展望が楽しめる。

二千mを越える平坦な山頂に湿原が広がり、お花畑あり、展望最高となれば、5日間も掛けて自分の目で 確認し、「日本百名山」に加えたかったと思う深田久弥先生の、お気持ちが理解できました。 

 

※ご覧いただき、ありがとうございます。

                          

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 🎷 デュオ ライブ in 辻庵 🎷 | トップ | ▲ 麦草峠付近を歩く ▲ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます+ (清水光一)
2020-09-28 07:06:44
平ヶ岳いい所ですね。天気も良くて素晴らしい眺めです。深田久弥が日本百名山に加えた気持ち確かに分かります。それにしても5日間掛けた所を日帰りですよね。素晴らしい。グーグルマップで平ヶ岳見ました。そこに説明がありました。最も行きにくい日本百名山の一つです。朝早く行かないと日帰りはキツい。と書いてありました。17名のパーティー、リーダーどうしてもこの景色を見せたかったんでしょうね。奥只見湖の銀山平温泉から宿のマイクロバスでアプローチは良く考えましたね。銀山平温泉もグーグルマップで調べました。銀山温泉なら行った事あるんですが全然違った場所でした。アプローチも素晴らしいが17名のパーティーも素晴らしい。800mの急登をコースタイムの3時間、拍手です。平ヶ岳はテレビで見た事がありません。避難小屋もキャンプ場もなくそういう意味で難しい山なんでしょうね。貴重な写真と案内文ありがとうございました。
個人で行くには大変な山です。 (忠)
2020-09-28 13:49:29
久し振りに、今日は良い天気になりましたね。
気軽な気持ちでは行けない山「平ヶ岳」は、本当に奥深い所にあります。登山地図を見ても、休憩なしで片道6時間以上掛かります。それを17名で行くのには、エスケープルートもない山は不安で、銀山平温泉の宿のマイクロには助けられました。宿から中ノ岐林道を1時間半も平ヶ岳の麓まで入ってもらえたのです。一般車は入れない私有地林道で入口のゲートの鍵を所持されているのです。
この登山口からは、山頂まで往復約7時間なので行くことができました。
深田久弥の時代には登山道もない状況なので5日間も掛かってしまったのですね。宿の親父さんがマイクロを運転しながら、「深田久弥はあそこの沢から登って行った」と教えてくれたのは、奥只見湖に近い所なので、良くあの沢から5日間で登山したと逆に驚きました。登山家だからできたのでしょうね。

コメントを投稿

日本百名山」カテゴリの最新記事