JOHNNYのLP日記

終了しました。長い間有難うございました。

夢をみた

2016年10月12日 | 健康・運動


 久しぶりに夢をみた。はっきりと覚えているリアルな夢だった。夜寝るとほとんど朝まで起きないし、あるいは夢を見ているかもしれないが、起きると何も覚えていないのが常なのだ。怪我をした大型犬(毛がふかふか)を抱えて動物病院へ到着するところから始まる。ビルの4階にある病院へ行くべくエレベータに乗った。ドアが開いたので降りると、なんとそこは「五反田駅」のプラットフォームだったのだ。何が何だかわからなくなって、きょろきょろとあたりを見渡すばかりで、うろたえてしまった。呆然としているところで目が覚めた。「ああ、夢だったのか」と久しぶりで、ほっとした気分を味わった。こんな夢を見る原因となる事象もさっぱり思いつかない。夢なんてそんなものなのだろうか?それとも、これから何かが起こる前兆なのだろうか?
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 健康カラオケ | トップ | 読書の秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康・運動」カテゴリの最新記事