ジージのドイツ花便り

ドイツで撮った花の写真を紹介したいと思います。

ヒメヒオウギスイセン

2014年07月23日 | 夏の花

                    今日の花はヒメヒオウギスイセン、学名は
                    Crocosmia masoniorum で、種類はルチファー
                    Lucifer です。
                    7月12日にガーデンショー跡地で撮影しました。
                    他の場所でも見たのですが、撮りにくい赤色で
                    全部ボツになりました。





        

        僕は昨年にもこの花を見て、撮っているのですが、
        名前はわからないし、写真は不鮮明だったので、
        今年はリベンジを果たしました 










               リベンジを果たしたといっても、構図的には
               あまり納得していません。
               本当に撮りにくい花でした。







               最後の写真です。




                    皆様、ヒメヒオウギスイセンはいかがでしたか?

                    本日もジージのブログを訪問していただき、
                    ありがとうございました。
                    またの訪問をお待ちしています。
                    どうぞお気軽にコメントください。

                    では次回まで  


コメント (10)   この記事についてブログを書く
« タチアオイ | トップ | カンパニュラ・ポスキャルス... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本より豪華ですね~!(^^)! (reihana)
2014-07-23 07:19:30
おはようございます
日本でも今は 至る所に ヒメヒオウギズイセンが咲いていますが
ドイツの方が スラリと背が高くて とっても美しく咲いているので驚きました
近所の藪の中にも沢山咲いていますが 周りの雑草に埋もれてしまっています(*_*)
あまりにも美しく 目立って咲いているので 日本のとは種類が違うのかしら~~?
周りに咲いている黄色いお花も気になります(*^^)v
おはようございます。 (延岡の山歩人K)
2014-07-23 07:38:50
確かによく見かけます。
雑草に埋もれていても、鮮やかな朱色が目につき
存在感を誇示しているかのようです。

おはようございます (ばあば)
2014-07-23 10:53:06
昔からよく見かける花で、日本古来の花かな?
と思っていたら明治時代にヨーロッパより伝わった
園芸種が日本各地に広がり野生化したらしいですね。
どうりで、ドイツの花のほうが立派にみえます。

タチアオイですが、花弁が、薄くてふわっとしていて
魅かれます。
我が家にも2種類ありますが、もう 花が終わりました。
以前、友人が「タチアオイの花が上まで咲いて終わると
梅雨が、明けると」言っていましたが、本当に
梅雨が明けました。
これから、日本の蒸し暑い夏が始まります。

ジージさんへ (マリババ)
2014-07-23 11:33:27
我が家にも少し咲いてますが、茎もしっかりして色のオレンジが、濃いい様な気がします。
色んな花、花壇にほんと引き立ちますね。
ほんと、これこそ夏の花、元気頂けます。
いい色で写真もすご~く綺麗い、ガーディンショーの跡地、静かでいい場所ですね。
有難うございました。
場所 (ジージ)
2014-07-23 19:56:44
reihana さん こんにちは
他にも何箇所かこの花が咲いている場所はあったのですが、
ここの花が1番立派でした。
他の花はなんとなくデレーっとしていましたよ(笑)
日本のヒメヒオウギスイセンも学名が同じなので、同種だと思います。
でも国によって気候や土壌の違いなどがあるので、おそらく
それによる差ではないでしょうか。

やっぱり気になりますか(笑)
ここは記事にも書いたようにガーデンショーの跡地で、
花壇なのです。
僕も気になっているので、撮ってきますから。
本日もブログを訪問いただき、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。
派手な赤色 (ジージ)
2014-07-23 20:02:47
延岡の山歩人Kさん こんにちは
reihana さんへのコメントに書きましたが、ここの花は背が高くて立派でした。
他の場所にあるヒメヒオウギスイセンは、みな背が低いですね。
でも存在感を表すような色ですね。
山に登っているといろいろな花に出会うようですね。
僕もドイツで山登りをしたいのですが、今のところ無理です。
本日もブログを訪問いただき、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。
帰化 (ジージ)
2014-07-23 20:08:38
ばあばさん こんにちは
そうですね、この花を調べていた時に、帰化種だと僕も知りました。
ここの花は立派に見えますが、他にも何ヶ所か咲いている場所があって、
そちらの花は背が低くてデレっとしています。

タチアオイの花が上まで咲いて終わると梅雨が明ける、と言われているのですね。
確かに日本は梅雨明けで、暑い夏の始まりだ、と知りました。
暑さに向かい、ご自愛ください。
本日もブログを訪問いただき、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。
土壌、気候の違い (ジージ)
2014-07-23 20:13:58
マリババさん こんにちは
同じ種類でも咲いている場所によって、やはり違いは見られますね。

この花を撮影した場所は、昨年10月半ばまでガーデンショーが
開催されていました。
その後、市に計画があるのでしょう、長い間立ち入り禁止になっていて、
今はまだ工事中ですが、半分ほど開放されています。
先行きこのように花を残しておいてくれるといいのですが。
ガーデンショー跡地については、ジージのドイツ散歩で記事にしていますから。
本日もブログを訪問いただき、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。
夏らしい色 (nampoo)
2014-07-23 21:37:18
こんにちは
ヒメヒオウギスイセン夏らしい色ですね。
真夏の太陽を吸い取ったような赤、
こんな色を見ていると元気が湧いてきます。

↓のタチアオイの白もいいですねえ。
花芯かわいらしいですねえ。
初めて見ました。
今度見かけたらじっくり観察します。
きらびやかな色 (ジージ)
2014-07-24 01:33:35
nampoo さん こんばんは
掲載した写真では、花の丈が高いですけれども、たとえ竹が低くても、
絶対に見落とさないですね。
暑くてもがんばっているな、そんな気になります。
でもあんまりじっと見ていると、目がチカチカしてきますけれど(笑)

タチアオイ、時期がちょうどよかったのでしょうね。
違う場所で撮ったタチアオイの花芯も同じようででした。
偶然とはいえ、僕も面白いものを見つけたと思っています。
シラガネギがなかなかいいでしょう(笑)
本日もブログを訪問いただき、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。

コメントを投稿

夏の花」カテゴリの最新記事