今の日本社会にもの申す

今の日本が少しでも良くなっていくように提案いたします

おじいちゃんがこれから先80年の人生を作ってくれた

2018-08-16 | 日記

尾畠春夫大先生(78歳)がいなかったらこの山口の行方不明の男の子は死んでいたかもしれない

この先、未来この子は80年以上生きる予定だったのが尾畠春夫大先生(78歳)がいなければここで人生終わっていたかもしれないのである

これこそ未来につなぐ遺伝子である

老い先短いお年寄りが未来の子どもの人生を作ったのである

将来この子はガンを完全に治す薬を作る医者になるかもしれないし、もしかしたら山口出身なので総理大臣になる可能性もある

これこそ未来に命と遺伝子をつなぐ壮大なドラマなのである

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
« これからは赤いタオルのハチ... | トップ | 尾畠春夫大先生(78歳)の... »

日記」カテゴリの最新記事