ikkei blog

電子工作やパズルのブログです。主にLEDを使った電子工作をやっています。

デジットの赤/橙/緑 32x16ドットマトリクスLEDパネルを買ってみた

2014年10月01日 23時40分21秒 | 電子工作
先日、デジットで赤/橙/緑 32x16ドットマトリクスLEDパネルを見つけました。


店頭デモはこれ。

このように、電車の案内表示にピッタリ。
と言うのも、元々JRに納めているメーカーのパネルだと言う話でした。
まさしく本物ですね。

で、さっそく購入です。

はい、とりあえず2枚。お約束です。w

中身はこんな感じ。

もちろん裏側です。

表はこれです。

これ、ドットマトリクスモジュールではなく、専用の基板です。

アップにすると、よく分かります。

おそらく基板にダイボンディングです。
こうすることによりコストダウンと薄さが狙えます。
また、通常のマトリクスモジュールと違って、ドーム状になっているので
横から見てもよく見えます。
さらに、制御基板との接続のためにピンを植えていて、良くできています。



では、さっそく取説を見てみましょう。
ところが、いきなり???なところが…………

どっちが正しいの?

で、基板を見ると、コネクタの近くに電解コンデンサがあるのですぐに分かりました。

だから、間違うことはないと思いますが、正しくはこうです。(修正しました)

基板のピン番号が下からだったりとか、勘違いし易いので(勘違いしました)
見たまんま書くのが良いと思います。


テスターで当たってみると、GNDとVssはつながっていますが、
VddとVLEDはつながっていません。


制御ICはこれ1個です。

32bitのシフトレジスタ2本と32bitx16x2のメモリを内蔵しています。
これはおそらくFPGAでしょう。BGAです。
ヒャー!プロ仕様ですね。
普通はドライバICをいくつかバラバラに配置するもんです。(Adafruitのがそうでした)

機能をワンチップに入れているので、電流を流すために
トランジスタ(MOSFETか?)を周りに並べています。
よく見ると表面実装の半固定抵抗もありますね。
2個あるので、赤と緑の輝度調整か。

それにしても、美しいパターンです。参考になります。
右側のコモンラインは太くなっています。

ここのトランジスタには緑のコーティングがしてあります。
防湿?よく分かりません。

いやー、この基板、ホント見ているだけでも色々参考になりますね。

で、まずはEH 6ピンとPH12ピンのハーネスを用意しないと。


電子工作 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« LEDバッジの試作機を動画にし... | トップ | 皆既月食を見た »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

電子工作」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事